プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


12月29-30日 北海道支部忘年会

こんにちは!
北海道支部担当、M1の石井です。

去年の年末である12/29~30、北海道支部にて忘年会を開催いたしました!
忘年会開催から約1ヶ月経ちご報告が遅くなってしまいましたが、その思い出を振り返っていきます。

北海道支部MTGにて
「北海道支部で食事会したいよね!どうやって開く?」
というお話が出たとき、
帰省や社会人メンバーの方の居住地などの理由で全員が対面で会えるのは難しい!
しかし対面でもやりたい…!という意見が出ました。

色々やり取りを行った結果、オンラインの日も対面の日も作ろう!ということになり、

29日はzoomに5名+学生会代表の計6名、
30日は対面可能なメンバー3名が「炎 札幌駅北口店」で集まり談笑をしました!
中には両日参加して下さった方も…!ありがとうございます!

221229@1


北海道支部のメンバーは、学部、修士課程、博士課程、社会人と取り巻く環境が多種多様です。
だからこそ、様々な境遇の方から面白いお話を聞くことができるのが北海道支部…!

気象のお話もそうですが、
個人的には修論や博士課程、就職などの経験をされた大先輩から自身の将来に関わるお話もお伺いすることができたので、
あの時間は本当に有意義な時間だったなと感じております。

去年は活動がほとんど無かった北海道支部ですが、今年はより活動的になる予定です。

定期的にメンバーとお話ができる機会(気象の話をはじめ、研究室、就職お悩み相談も!)はもちろんのこと、学生会向け勉強イベントについても現在企画中です👍

私も研究の集大成をまとめる年で大変になりますが、
メンバーと力を合わせて精進して参ります💪

今年も気象予報士学生会北海道支部をどうぞよろしくお願いいたします🙇‍♀️

スポンサーサイト



2023.01.28(Sat) | 食事会 | cm(0) | tb(0) |

12月18日 ハイブリッド クリスマスパーティ!

こんにちは。
この度ブログを担当いたします、北海道支部担当,M1の石井です。

去る12月18日、気象予報士学生会のクリスマスパーティーが行われましたので、その様子をおすそ分けしたいと思います。

221218@1


今年の学生クリパは対面(@CAFE SPACE 新宿)とオンライン(@zoom)のハイブリッド形式で行われました。
参加人数は対面5名、オンライン3名の計8名でした!

実は私、学生会に入ってから3年経ちましたが対面参加はこれが初めてでした。

この日は石井の画面初飛び出し記念日でもあります!!(?)


それはさておき,クリパの詳細を.

クリパでは自己紹介,今年のお天気フォトコンテスト、東海支部のラジオ天気図イベントの告知が行われた後、

オンライン絵しりとりでアイスブレイク,そして本命の気象クイズと大盛り上がりの内容でした。

自己紹介では,なんと,卒論で忙しいです~という方が多数!!
今が勝負所ですね…応援しております!

オンライン参加者の方は,お家のわんちゃんと一緒に登場する方や実際にケーキを用意されている方,背景がザ・クリスマスな方と,皆さん個性豊かでしたね!


オンライン絵しりとりでは,「イラストチェイナー」というスマホアプリを用いて、一人60秒制限の中交代交代で絵を描いていきました.
絵が出る度に「わかったー!」「何だー?」という声が上がりました!

写真は対面メンバーが「これ,あの絵じゃない?」と盛り上がっている様子です.

どんどん仲が深まっていきました.

221218@2


そしてクリパの本命,気象クイズは学生会代表代行がクリパ開始時刻まで練りに練った10問!

今年のクイズの優勝者に贈呈される景品は,対面部門とオンライン部門とで分かれており,

対面部門の景品は学生会代表代行が選んで下さった素敵なプレゼント,
オンライン部門の景品は「代表代行渾身のPDFファイル」(代表代行の名前を伏せた以外名称そのまま)とのこと!!

皆さん景品を狙って頑張りましたー!

クイズの内容は本当に練られており,ある問題では,「誤答の選択肢は正解に見せかけた『惜しい』選択肢ばかり揃えました!」という代表代行の呼びかけが。

今年の天気からの出題では自分たちが実体験やニュースで体験,見聞きしたはずなのに,なかなか当たらない…!
最後の問題は雪結晶のグローバル分類の問題で,現在雪氷関係を専攻している私が学部時代に習ったはずの問題でした.
しかし小分類の数,一の位の数字をミスりました…悔しい!
(あ,教授,私の学部時代の単位は剥奪しないで下さいね()


そしてクイズが終わったあと,成績発表!!

221218@3


対面部門の優勝者の方には代表代行からプレゼントが贈呈されました.

プレゼントの中身は,「日本の歳時記」カレンダーでした!
移り変わる日本の四季の風景を一年間ずっと堪能できそうな,素敵なプレゼントでした!

オンライン部門の優勝者の方には,クリスマス頃に「代表代行渾身のPDFファイル」が贈呈されるとのこと(12月18日現在).
お楽しみに!!

221218@4


クリパの間,対面参加者は各参加者が持ち寄った差し入れのほか,代表代行の親御さんからいただいたスイーツやワインを美味しくいただきました!

ありがとうございました!

221218@5


最後に…

はじめての対面参加でしたが,対面参加の皆さんはあたたかく迎えて下さり,以前お会いしたのではないか?と思えるくらい楽しく交流することができました!

同時に,会場外のオンライン参加者の皆さんともこの楽しい時間を共有できてよかったです!

特に,学業がお忙しい中会場やクイズ等の準備etc…を率先して行って下さった代表代行には大変感謝いたします.

今後とも,学生会の運営メンバーとしてよろしくお願いいたします!

221218@6


皆さまもよいクリスマスを!

2022.12.28(Wed) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |

11月12日 定期ミーティング・懇親会

こんにちは。

11月12日に新宿+Zoomで行われた定期MTGについてブログを書かせていただきます、
早稲田大学先進理工学部生命医科学科4年の深澤亮です。

本ブログは入会したばかりの会員が書く場合が多いのですが、
今回は私にとって大事な節目であったため、
現役最古参学生会員である深澤が書かせていただきます。

さて、今回の定期MTGから、現代表の森戸さんに代わって代表代行を務めることになりました。
森戸さんの引退後は、私が代表を務めることとなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 定期MTGでは初めに、活動報告とSlack運用方法についての議論を行いました。
これまでよりも連絡ツールが使いやすくなるといいですね!

続いて、昨年度大好評であった「フォトコンテスト」を今年度も実施する旨を告知しました。
素敵な空の写真がたくさん集まるといいなと思います。
私が昨年応募した写真は、ノミネートすらしなかったので、今年はリベンジしたいです。

 後半は、早稲田大M1の松田さんから洋上風力発電、北見工業大M1の石井さんからオホーツクの雪質に関して、研究発表をしていただきました。
私自身、大学では気象分野に一切触れていませんので、研究で気象と接している方のお話が聞けますと、とても良い刺激になります。
個人的には、松田さんの発表風力発電機が設置される高度が観測の盲点だという話が印象的です。
また、石井さんの発表で雪質の変化図について興味を持ったので、詳しく調べてみようかと思います。

221112@1


 定期MTGの後は、会場近くの飲食店に移動して懇親会を行いました。
今後の進路などについて話に花を咲かせることができ、楽しく充実していたと思います。

最後に、就任にあたっての所信表明をさせていただきます。

私は、2015年11月(入会1年経過)の時点で「少なくともあと10年は学生会の活動に関わりたい」とブログに書かせていただいたのですが、見事に有言実行一歩手前となりました。
コロナ前の学生会について知っている会員の責務として、以前の活動を取り戻していきたいです。
リーダーとして至らない点も多々あると思いますが、皆さんの力も借りながら、本会を引っ張っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

2022.12.12(Mon) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

10月30日 予報士試験勉強会&食事会

こんにちは!
予報士試験合格に向けて勉強中の修士1年の田村です。
初めてブログを執筆させていただきます。

10月30日(日)に行われた予報士試験勉強会&食事会の様子を報告いたします。

今回の勉強会は対面とオンラインのハイブリッド形式で、
学生会の気象予報士3人と受験生3人の計6人が参加しました。

第58回気象予報士試験の実技2の解き方を1問ずつ丁寧に解説してくださいました。
解説を聞きながら実際に図に書き込むことで前線や強風軸の解析について理解が深まりました。
その後の質疑応答の時間では、解答のコツや最近の試験の傾向について教えていただきました。

独学で不安だった部分を解消できて、とてもためになる勉強会でした!

221030@1
勉強会の様子


勉強会の後はさらに3人集合して、合計9人で食事会
本場月島のもんじゃを食べながら気象や学校生活について語らいました。

221030@3
もんじゃ作り中


さまざまな学年・学校・研究内容の方とお話しできて楽しかったです!

221030@2
集合写真


このイベントで予報士試験の勉強のモチベーションが上がったので、次回の1月の試験まで頑張ります!

2022.11.05(Sat) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

9月15日 学生会夏合宿2日目@つくば

こんにちは!

早稲田大学大学院修士課程1年生の松田です。初めてのブログ執筆になります。

9月15日(木)は合宿の2日目でした!
朝早くからつくば駅に集まり、高層気象台に向かいました。
目当ては毎朝8時半に飛ばされる高層気象観測の気球を見ること!


220915@1


雲に覆われており見つけにくかったですが、なんとか写真に収めることができました!
(写真の上半分の真ん中あたりにある黒い点です!)

気球を使った高層気象観測は、多少の時間差はありますが、北欧の協定世界時(UTC)0時に世界各地で同時に行われております。
地上から高度30㎞まで、気温、湿度、風などを連続的に観測しています。
この気球達のおかげで天気予報ができているのですね!


気球を見送って次に向かった先は筑波大学です。
身近な気象・気候について研究されている日下先生に、
「身近な気象の誤解と真実」というテーマで講義していただきました!

フェーン現象の説明では代表と先生による議論が繰り広げられ、未合格の著者にとってとてもよい勉強の機会となりました!

フェーン現象とは、山岳を下る高温で乾いた風によって風下にあたる地域の気温が上昇する現象です。
湿潤な空気が風上側で雨を降らす熱力学フェーンと、
上空にある一般大気が山岳を下りながら断熱圧縮する力学フェーン、
そしてこれらが合わさった混合型に分類されます。


220915@2
熱力学フェーン


220915@3
力学フェーン



教科書やインターネットの解説では、熱力学フェーンが典型的なフェーンとして紹介されることが多いです。
しかし、(Kusaka et al(2021))によると過去10年間に富山平野で発生した198事例のうち、
約81%が力学フェーンであることが明らかになっております。
著者も例に漏れず熱力学フェーンこそが典型的なフェーン現象であると勘違いしておりました。
反省します…。


講義が終わった後は、筑波大学計算科学研究センターのスーパーコンピューター、Cygnusを見学しました!


220915@4



圧倒的な数のコンピューターに、圧倒的な騒音!
気象計算のスケールの大きさを実感して一同圧倒されました。


筑波大学の食堂で昼ご飯を頂いたあとは、筑波山登山!
男体山にある気象観測所に向かいました!
バスとケーブルカーで移動した先では早速の展望スポット!


220915@5




天気はあいにくの曇りでしたが、期待していた展望に思わず皆シャッターを切っていました。
その後、気象観測所を目指して男体山山頂を目指していたところ、まさかの岩場登場!


220915@6




細心の注意を払い、安全に登れるメンバーだけで山頂に向かいました!


以上、3年ぶりの合宿でした!
非常に楽しく、そして勉強になる充実した2日間を過ごすことができました!


220915@7


参考
気象庁 高層気象台:気球を用いた高層大気の観測について
https://www.jma-net.go.jp/kousou/obs_second_div/about_sonde/about_sonde.html
日下先生のフェーン論文
Kusaka, H., A., Nishi, A., Kakinuma, Q.V., Doan, T., Onodera, S., Endo 2021: Japan's south foehn on the Toyama Plain: Dynamical or thermodynamical mechanisms?,International Journal of Climatology, 41, 1-18.
https://rmets.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/joc.7133

2022.10.02(Sun) | 合宿 | cm(0) | tb(0) |