プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


8月16日 オンライン直前勉強会(2)&オンライン懇親会

こんにちは!
今回、初めてブログを担当します、東北大学理学部2年の秋山翔希です。
8月16日(日)の午後1時から午後4時にかけて開催された、オンライン直前勉強会とオンライン懇親会の様子を報告します。

[オンライン直前勉強会]

今回の勉強会は10日同様、今月23日(日)に行われる第54回気象予報士試験へ向けて開かれたもので、受験生5名、気象予報士5名の合計10人が参加しました(ちょうど比率が1対1でした!)。ちなみに私は、気象予報士の立場で参加しました。

200816@1



当日は、次のような流れで行われました。

1. 自己紹介
2. 代表による、気象予報士試験に向けての心構えやテクニックの紹介
3. 受験生の質問コーナー
4. 気象予報士学生会オリジナルの問題演習


代表による紹介では、「なるほどなあー」と思うようなテクニックが満載。以前受験した身として、「絶対に役に立つな」と感じました。

また、質問コーナーでは、積乱雲の構造など学科の知識に関する質問や、実技に出てくる高層天気図の読み取り方に関する質問がありました。一方で、有資格者側の「トレーシングペーパー派か、コンパス&定規派か」という、実技の解き方に関する少し変わった議論もありました。

代表や先輩が作成したオリジナル問題もとても本格的で、どれをとっても中身のある勉強会でした。

200816@2



今回の参加者の一人でも多くが23日の試験で合格し、次の目標へ向かって大きな一歩を踏み出すことを願っています。

良い報告を待っています!

[オンライン懇親会]

勉強会の後は、懇親会。
18時からおよそ2時間にわたって開かれました。

今回は、気象庁へ就職された方を含むOB3名も参加し、学生会内の親睦を深めるだけでなくOBの方との交流も行いました。
気象予報士にとって、気象庁はいわば「聖地」。
現場の様子を伺う貴重な機会となりました。
これができるのも学生会の大きな魅力。皆さんも、学生会でお話しませんか?

200816@3



以上、オンライン直前勉強会およびオンライン懇親会の報告でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト



2020.08.19(Wed) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

8月10日 オンライン直前勉強会(1)


こんにちは!
今回はじめてブログを担当させていただきます、筑波大学4年の松下大河です。8月10日(山の日)の午後1時~午後4時にかけて、気象予報士試験直前勉強会に参加しました。その報告をこちらでしたいと思います。

200810@1


学生会のひとりとして今回ブログを書いていますが、実は私が入会したのは一昨日のこと。今月末の気象予報士試験に向けて勉強していたのですが、やはり過去問を解いてもひとりでは解決できないところがあって悩んでいました。そんな中、ふとTwitterで見つけたのがこの気象予報士学生会でした。そのアカウントのツイートを眺めていると、数日後に直前勉強会をやるという宣伝が…!すぐさま入会登録して勉強会に参加、今に至ります^^;


まずは、当日の大まかな流れ。

1.自己紹介
2.代表による気象予報士試験に向けての心得、テクニックなどの紹介
3.参加者(受験予定者)による質問コーナー
4.学生会の方が作った独自問題で演習


今回の参加人数は7人でした。ひとりずつ自己紹介をしていきますが、みなさんオンラインだけあって日本各地から集まってきた感じがしてとても楽しかったです。一方、自分と同じ大学のメンバーがいたり、私の研究室でよく名前が出てくる研究室の方とお会いできたりして、世界は狭いなあとも思いました。笑


この直前勉強会、本当に役立つと思います。(まだ合格していない人が言っても説得力に欠けるかもしれませんが、、、笑)そう思った理由をいくつかまとめてみました。予報士目指している方は是非読んでみてください!


1.予報士に合格した先輩方の受験心得が聞ける

200810@2



まずは代表の方が丁寧に受験当日の心構えをプレゼンしてくれました。

“合格者は実技試験で色鉛筆を使っているの?コンパスは?”

このようななかなか一人では解決できない疑問をズバズバと教えてくれるので、直前に知れてとても良かったです!


2.質問に対して複数の予報士さんが答えてくれる

200810@3



実技の過去問を解いた方なら分かると思いますが、記述式の実技試験では完全な解答を作ることがなかなかできません。ひとりで勉強していると、どうしても理解しきれない部分が出てきます。

しかし、今回この勉強会には予報士免許を持っている方が3人もいらっしゃったので、3名それぞれの意見が聞くことができました。複数の説明があれば、それだけ自分の納得できる説明を発見しやすいので、とてもおススメです!


3.独自の演習問題を解ける

200810@4



質問コーナーが終わると、最後は学生会の方が作った独自問題をみんなで解きました。独自と言っても、実際の問題によく似ていて直前の知識確認にぴったりでした。また、どういう意図が問題に組み込まれているのか、どういう誘導になっているのかという風に、問題を俯瞰して考えるきっかけにもなりました。


以上、長々と書いてしまいましたが、今回の直前勉強会の報告と感想とさせていただきます。内容が良かったのはもちろん、加えて学生会の方々が気さくで優しく、ひとりで入会した僕でも非常に楽しめました!

学生会代表をはじめ、みなさんありがとうございました!また次回も時間が合えば是非参加させていただきます!よろしくお願いします。(^^)

2020.08.12(Wed) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

7月4日 東北支部勉強会

7月4日土曜日、宮城県仙台市東六コミュニティセンターにて東北支部の勉強会を開催しました。
今回ブログを担当させていただくのは東北学院大学4年生の藤田捷吾です。
今年度から学生会に入り、活動への参加は今回の勉強会が初めてでした。

東北地方では新型コロナウイルスの感染が抑えられているため、室内の換気等の感染予防策を徹底して現地開催いたしました。参加者は会員5名、非会員2名の合計7名でした。

今回の勉強内容は、ラジオ天気図作成です。
その名の通り、ラジオを聴いて天気図(等圧線)を作成していきます。

200704@1


ラジオの気象通報を聴きとりながら、風向や天気などを記録していきます。一瞬でも気を抜いてしまうと聴き逃してしまうのでかなりの集中が必要です。私は結構聴き逃しました。笑

200704@2


聴き終わったところで海上警報や前線についての解説をいただき、記録した天気を図に書き込み、メインの等圧線の書き込みに入っていきます!

200704@3


書き込みの作業もかなり集中力が要ります…。時折、わからないところが出てきたらメンバー同士で相談しながら作成していきます。私は前半の聴き逃しが響き、所々わからなかったのでみんなの天気図をチラチラ見ながら進めました。笑
そして…

200704@4


完成した天気図をみんなで共有!等圧線の書き方には個人差があり、感覚も重要になってくるので、他のメンバーのと見比べることが大切です。

共有した後は、ネットの天気図で答え合わせ!自分たちの作ったものと結構似たような形になっていたので、達成感と喜びに溢れました(^^)

今回は私にとって全員が初対面でしたが、雑談もあり参加者の皆さんとの仲を深めることができ、約4時間の活動はとても有意義なものとなりました!

私の大学は気象学を学べる学科が無いため、このように勉強会を開催してくださるのは本当にありがたいです。
また、気象学の研究者や気象キャスターを目指す人、趣味として気象を学びたい人など様々な目的を持った人たちがこのように集まって活動するのはとても良いことだと思います。
私は来年就職するため、残りの期間で予報士の勉強や学生会の活動に積極的に参加していきたいと思います。

2020.07.17(Fri) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

6月28日 関西支部オンライン懇親会

こんにちは。
今回、初めてブログを担当させていただきました大学4年の今村です。
関西支部のオンライン懇親会はZoomで行いました。
今年度 関西支部としての初めての活動でしたがOB合わせて7人が参加されました。

200628@1



まずは、引地さんから関西支部の2019年度における活動報告を行いました。その中で、活動再開から1年経つ中での活動を聴きましたが、あまりアクティブに動けていないのかなと感じました。

今回の参加者の中には来年には卒業される方も私も含め多数居られ、今後の関西支部の存続に関わるため、活動内容を充実させて今以上にアクティブメンバーを増やす為にどう行動していくのか考えました。

また参加者を増やしていく方法の一つとして、実際に地学オリンピック経験者や研究者を交えての交流会などの案があがりました。

懇親会を通して、関西支部独自の活動を今後も開催し参加者を取り込んでいけるよう私自身も考えていきたいと感じました。

あと1年で社会人になりますが、それまで他の支部の皆さんと就活や話をしながら学生会全体を盛り上げていければと思っています。

2020.07.09(Thu) | その他 | cm(0) | tb(0) |

6月21日 オンライン定期ミーティング

はじめまして!
はじめてブログを執筆することになりました、名古屋大学2年の亀田です。
今回は、6月21日にオンラインで行われました、6月定期ミーティングの様子を報告させていただきます。

6月定期ミーティングでは、主に次の5つのことをしました。

1. 自己紹介
2. 会員からの話題提供
3. 合宿の行き先決め
4. よんなな防災会の紹介
5. オンライン懇親会(ミーティング終了後に実施)

これらについて、詳しく紹介していきます。


1. 自己紹介

今回のミーティングの参加者が自己紹介をしました。

私が気象予報士学生会の活動に参加するのは今回がはじめてで、実はちょっと不安だったのですが、すんなりなじむことができました。オンラインという特性上、東京や大阪、福岡など、参加者のいる場所もさまざまです。それぞれの地域で日の入りの時間が違うので、関東はすっかり暗くなったのに、九州はまだ明るい! なんて気づきもありました。

中にはOBの先輩もいらっしゃいました。社会人としてご活躍されている先輩方のお話を聞くことができるのも、この学生会の素晴らしいところです。

200621@1



2. 会員からの話題提供

ミーティングに参加した会員の内、2名の方から話題の提供がありました。

1つ目の話題は「高校地学の教科書とセンター試験に見る気象の教育」です。高校地学では、気象予報士試験の学科試験に近い、専門的な内容が扱われている反面、防災に関する記述が少ないという気づきを共有していただきました。

2つ目の話題は「気象サイエンスカフェ報告」です。日本気象学会と日本気象予報士会が共催する「気象サイエンスカフェ」で講演をした会員の方が、その様子について報告してくださいました。

どちらの話題もとても盛り上がり、会員間で活発な意見交換がなされました。


3. 合宿の行き先決め

今年8月に実施する予定の合宿でどこに行くかを決めました(新型コロナウイルス感染予防のため、合宿の実施可否については検討中)。

2名の会員から3つの案(軽井沢、京都、鳴門・淡路)が提出され、それぞれの案についてプレゼンしていただきました。どの案に投票しようか決められないほど、どれもよく練られており魅力的でしたが、最終的に鳴門・淡路ということで決定しました。合宿は学生会の中でも大きなイベントなので、実施できるように祈っています!


4. よんなな防災会の紹介

気象予報士学生会のOBの方から、「よんなな防災会」という団体を紹介していただきました。

公務員や会社員、学生など、防災に興味のあるすべての人を対象として、組織を超えた「顔の見える関係」の構築や、防災知識の習得などを目的に活動されています。Jリーグと共同で研修をした実績もあるそうです。

今後の取り組みとして、防災活動を実施している全国の学生団体のネットワークを作りたいともおっしゃっていました。それぞれの学生団体が交流したり、社会人が学生団体を支援したりできるような枠組みを考えていらっしゃるとのことです。

私も名古屋大学で防災関係のサークルに加入していますが、他の団体や企業との関係を構築することは、学生団体の活動の幅を広げることにつながると思います。ぜひとも実現してほしいです。


5. オンライン懇親会

すべての議題が終わったあと、希望者のみで実施しました。

来年で10周年を迎える気象予報士学生会の歴史や参加者の趣味など、いろいろな話題について自由に話しました。

およそ2か月後の第54回気象予報士試験も話題に上がり、すでに合格している人がこれから受験する人にアドバイスをする場面もありました。

参加者の中にはドローンの資格を持っている人や、想像を絶するほどに乳製品を愛してやまない人など、個性的な会員がたくさんいました。それでも、ひと昔前の方が変わった人が多かったそうで、懐の深い団体なのだと思います。

ちなみに、このミーティングが行われた日は部分日食の日でした。私が住んでいるところからは雲が多く見ることができませんでしたが、観測に成功した参加者もいたようです。

200621@2



今回のミーティングを運営してくださった幹部の皆さん、発表をしていただいた皆さん、本当にありがとうございました。
長時間のミーティングでしたが、とても充実した内容で、参加してよかったです。一日も早くコロナ禍が終息し、気象予報士学生会の活動が今まで通り、あるいは今まで以上に行える日が来ることを願います。

そして、気象に興味のある学生のみなさん、気象予報士学生会に参加してみませんか? 当面は活動に多少の制約があると思いますが、気象仲間とつながり、たくさんの学びが得られる素敵な会です!

出会える日を心待ちにして、このあたりで失礼しようと思います。

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

2020.07.09(Thu) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |