プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


6月 関東定期食事会

こんにちは。6年ぶりの執筆となります。大学4年の中田です。

前回ブログを書いたときには高校2年生だったなんて、時の流れを感じますね。6年間何をしていたかとりあえず振り返りたいと思います。

高校2年:楽しく小学校の出前授業を手伝う。学生会の食事会で今通っている大学(校)の存在を知ってしまう。検索でヒットするのが怖いので大学名は伏せますね。
高校3年:化学をすてて受験校は1校に絞ったのになぜか落ちる
浪人:闇
大学1年:敬愛する先輩たちと学生会に復帰する
大学2,3年:たまに学生会に顔を出してはブログ執筆の話のときに目をそらして執筆係を逃れる
今日:執筆係に任命されてしまう


学生会は私の人生を語る上で外せない存在ですね!笑
文章を書くのは苦手なので、これが最後のブログ執筆になることを祈るばかりです。



6月14日は関東にて定期食事会が行われ、OBを含め7名が出席しました。
久しぶりの食事会出席ということで緊張しましたが、学生会のみなさんはお優しいです。すぐに緊張がほぐれました。

就活の報告や近況報告をはじめ、気象業界のアレコレを語り合いました。このような濃い話ができるのは学生会ならではですね。


空前絶後先輩のことを疾風怒濤先輩と言い間違えてしまったのが私的ハイライトかと思っていましたが、
論文をGoogle翻訳にかけるときの便利ツールを教えてもらった瞬間が本当のハイライトでした。

このツールを活用して論文をたくさん読みたいと思います!(多分)
食事会は行くと必ず役に立つ知識が得られるので、もっと頻繁に参加しなくてはと思いました。
思っただけです。


190614@1


昨年度末のミーティングで卒業しきれなかったOBの先輩が無事(?)卒業できました!これからもお仕事がんばってください。


190614@2

スポンサーサイト

2019.06.19(Wed) | 食事会 | cm(0) | tb(0) |

5月 関東勉強会

こんにちは。初めまして。
日本大学3年の福岡瑞生です。今回初めてブログを書かせていただきます。よろしくお願いします。

今回は、5月25日に行われた勉強会について報告します。

今回の勉強会では、気象予報士試験の学科一般知識のうちの、大気の力学と風について勉強しました。この勉強会は講義形式で行われ、物理学に詳しい山本晃立さんが講師を担当しました。

文系から理系の学科に進学した私には力学なんて無理だと思っていましたが、そんな私にもわかりやすいように教えていただきました。なので、合格できるように頑張っていきたいと思います。


190525@1

190525@2



勉強会の後は懇親会を行いました。懇親会ではいろいろな話をして楽しかったです。


190525@3

190525@4



今回で2回目の参加でしたが、とても楽しかったです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

2019.06.03(Mon) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

4月 関東ミーティング

こんにちは。初めまして。
日本大学三年の浅見真悠です。今回初めて学生会の活動に参加させていただきました。
よろしくお願いします。

4月13日に行われたミーティングについて報告させていただきます。
今回は今年度の方針の策定、勉強会、座談会、夏合宿案といった内容でした。


まず諸提案として山本さんから発表がありました。
「Slack」や会報誌の導入、twitter、MLなど既存媒体の活用が挙げられました。

全国の会員の方が情報交換や議論をするためにはどうしたらよいのか、活動報告などの相互交流をどのようにして活発にしていくのか深い議論でした。


続いて藤倉さんの発表です。
気象予報士学生会の意義の明確化についての発表でした。

気象好きの人的交流、資格取得の手助け、研鑽の場であることが学生会の意義としてあげられさまざまな提案がありました。

私は初参加でしたので予想以上に真剣な話し合いに圧倒されました。


190413@1


続いて勉強会です。
今回の参加者の中で気象予報士資格の勉強中だったのが私を含め二人でした。

今回は分からないところが分からないといった状態で勉強法について皆さんに尋ねたところ皆さん親切に教えてくださり資格取得への意欲が湧いてきました。

また勉強会の改善案についても話し合い、勉強中の人の意見からテーマをきめて準備をしてから勉強会に臨むという意見が出され早速次回の勉強会から実施されることになりました。



190413@2


テーマは勉強中の私たちが大気の力学(風関係、コリオリの力など)をリクエストしました。
テーマをリクエストして教えていただけるのは本当にありがたいと思いました。

最後は夏合宿についての話し合いでした。
大まかに行き先の案が出されていました。


ミーティングの後は懇親会でした。
皆さん気さくに話してくれていろいろなお話を聞くことができて良かったです。


今回のミーティングが初参加でしたが本当に楽しかったです。
拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからよろしくお願いします!



190413@3


2019.04.21(Sun) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

日本気象予報士会 春の案内会

ご入学、ご進級、ご就職おめでとうございます! 新生活はいかがでしょうか?
東京大学M1の山本です。今年度も学生会をよろしくお願いします!

日本気象予報士会の春の案内会が、4月6日気象庁講堂にて開催されました。平成最後の案内会です。今回も学生会として参加したのでその報告をいたします。世間のサークルと同じく、我々も新歓をしておりますよ〜(^^)

今回は17名が案内される側でご参加。中には第1回の試験に合格された方もいらっしゃいました! 我々が生まれる前から予報士だったなんて、、、



1904@11

1904@2



気になる学生ですが、1名参加されていました(拍手〜)! 今まではポスターのみ持参していたのですが、今回はバージョンアップさせています。上の写真を見てお気づきでしたでしょうか? 今回学生がいたのは、前日に焦って準備したおかげですね(関係ない)。学生会に興味がお有りだったようで、次回4月13日のミーティングも含めいろいろ宣伝しておきました!


1904@3


ということで最後に…


1904@4


です! 新入会員募集中!

2019.04.21(Sun) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |

2月 出前授業

こんにちは。日本大学2年(4月から3年)の工藤達貴です。2月25日(月)に、さいたま市立辻南小学校で出前授業を行いました。このことについて報告致します。

この出前授業ではさいたま市の「チャレンジスクール」の一環として、天気に関する授業を行いました。

まず、簡単な自己紹介をした後に、恒例のお天気クイズをしました。
竹の物差しよりも大きな雪が降ったことがあることや、雪印のマークのような形の雪の結晶は実在しないことに、皆さん驚いていました。(実は私も初めて知りました。)


190225@1


次に、実験を行いました。今回の実験の内容は、
① 小さな空気砲でペットボトルを倒す実験
② 気圧を下げることができる容器の中にマシュマロや高度計を入れ、中の様子を見る実験
でした。

空気砲の実験では、円筒形の箱の底を1円玉サイズにくりぬき、反対側の面の蓋を取り、代わりに、風船を切って加工したものを取り付けた簡易的な空気砲を使い、10本程度のペットボトルをすべて倒せるかに挑戦しました。児童全員が一生懸命に取り組んでいて、1本倒すたびに大喜びしていました。

マシュマロの実験では、気圧が下がるとともにマシュマロが膨らんでいく様子を、児童たちがじっくりと観察していました。また、登山用の高度計を入れ、気圧を下げると高度の値が上昇するのを見て、容器の中では、容器の外と異なる気圧になっていることを実感している様子でした。


190225@2

190225@3



最後に、質疑応答の時間を取りました。台風はどうやってできるのか、竜巻はどこから来るのか、津波はどのようにして発生するのか、などの質問を受けました。「上昇気流」や「コリオリの力」、「エネルギー」などという言葉を使えば比較的簡単に説明できるのですが、小学生にわかるように説明しようとすると、とても難しかったです。特に、空気分子(この授業では目に見えない小さなつぶつぶと説明)がどうやってできているのかという質問に対しては、説明の仕方を考えるのがやっとでした。
*ちなみに、分子を構成している原子の簡単な構造や分子の結合については、高校や、大学の基礎科目で習うのですが、原子のさらに詳しい構造となると、まだ研究の途中であり、わかっていないところもあります。

今回の出前授業でうれしかったことは、児童が楽しみ、喜びながら授業を受けていたことです。私自身、児童から元気をもらいました。このような授業を行うことができたのは、協力してくださった方々のおかげでもあります。この場を借りて、感謝申し上げます。

話は変わりますが、現在、大学1,2年生が少ないので、気象に興味のある方、気象予報士の方、気象予報士を目指している方は、ぜひ入会してください!お待ちしています!

2019.03.16(Sat) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |