プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


6月関東勉強会

6月10日日曜に、勉強会・懇親会を開催しました。
慶應義塾大学環境情報学部4年の松本翔馬が報告いたします。

今回の勉強会は、

①合格体験談紹介 
②受験生に向けた講演 「最大効率で合格する。基礎的学習法の検討」
(講師:松本)
③受験生から過去問に関して質問受け付け
④実技試験の過去問検討

の内容で行いました。
以下、詳細をご報告。

①合格体験談紹介

予報士有資格者の皆さんが、使ってよかった参考書やウェブサイトを紹介。
当時使っていたテキストの実物を見せながら説明、スライドを使用しながらご自身の資格取得動機などを語ってくださった方もいらっしゃいました。


0610@1


②受験生に向けた講演「最大効率で合格する。基礎的学習法の検討」

私松本が講師として登壇し、
あまりに基本的過ぎて教育機関で教わる機会の少ない、根本的な勉強方法を冷静に検討することで、最大効率で合格しよう!
という趣旨のもと、語りました。

「勉強ベクトルの観測・修正方法」
「暗記タンクモデル」
「倫理を疑え」
などなど題しまして、私なりの考察を加えながらお話しさせていただきました。


0610@2


③受験生から過去問に関して質問受け付け

受験生の方からの質問を受け付け、予報士が回答、解説しました。今回の勉強会では予報士受験生の方が2名、気象予報士が7名の参加ということで、とても豪華な質問受け付け体制でした。(逆に予報士が多いあまり、質問の度に議論が起こって収拾がつかなくなった感がありましたが、これはこれで楽しいひと時でした)

④実技試験の過去問検討

最後に、残りのわずかな時間を利用して実技試験の過去問検討会を行いました。
衛星画像解析問題の記述のコツなどを、過去の受験経験をもとにアドバイスさせていただきました。


0610@3
0610@4
0610@5



私見ではありますが、今回の勉強会のように、たくさんの予報士に気軽に質問し放題という環境は、受験当時の私がまさに望んでいた環境そのものでした。
現在気象予報士試験合格を目指されている会員の皆様は、このような勉強会や予報士学生会の繋がりを最大限活用されてみることをお勧めいたします。

松本翔馬
スポンサーサイト

2018.06.20(Wed) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

5月東北お仕事紹介&食事会

こんにちは。


学生会に入り、初日からブログを書くことになりました、
東北大学理学部地球科学系1年の神藤裕哉です。


4月に仙台に引っ越してきた頃は想像以上の寒さに悪戦苦闘しましたが、五月も終わりに近づくと過ごしやすい天気になってきて、晴れた日にはそよ風に吹かれながら昼寝をするのが心地よいです。


では、5/22に仙台で開かれました食事会について報告させていただきます。


まずは、学生会を卒業されたOBOGで、気象庁仙台管区気象台に勤務されている佐々木さんと東日本放送でアナウンサーをされている糸井さんの、お仕事を紹介していただきました。
気象庁とアナウンサー、仕事は違えど人に伝えるという点は一緒。知ってほしいこと・気になったことを自分で調べ、どうやったら人に分かりやすく正確に鮮明に伝えられるかを模索し続けるおふたりからは、仕事への熱意を感じました。
おふたりのアツいトークに会場も盛り上がり、学生からも様々な質問が出て、とても充実したお仕事紹介でした。


0522@1
0522@2



お仕事紹介の最後に、アツいお話をしてくださったおふたりにお礼の品を差し上げたのですが‥‥。
佐々木さんは公務員なのでお気持ちだけ!


0522@3


お仕事紹介の後は場所を変え、定食屋「さわき」へ。
ここは東北大生に人気の定食屋で、私たちがお店に着いた頃にはすでに学生客で賑わっていました。
このお店、学生に人気なだけあってボリューミーで個性的(褒め言葉です)なメニューがたくさんあるわけですが、その中でも名物の麺にニンニクが練り込まれたスタミナラーメンを食べた佐々木さんは、翌日のお仕事大丈夫だったでしょうか(笑)


ともあれ、お仕事について貴重なお話をたくさんしてくださった佐々木さんと糸井さん、忙しい中食事会に参加していただき、ありがとうございました。


お仕事について楽しそうに語るおふたりが私にはとてもカッコよく見えたので、いつか私もあんな大人になりたいなぁと思えた食事会でした。


2018.06.09(Sat) | 食事会 | cm(0) | tb(0) |

5月関東勉強会

こんにちは!
はじめまして、新入りの法政大学4年、本橋淳也と申します。
関東支部の勉強会の報告をさせていただきます。
5月19日土曜日に日本大学文理学部のキャンパスで、関東支部の勉強会と懇親会が開催されました。
(勉強会参加者8名,懇親会参加者6名)

今回の内容は
・試験対策の質問会
・森本さんから気象キャスターの仕事と紹介
・鈴木さんから気象予報士が知るべくモデルの短所と利用法
です。

今回は気象予報士会の案内会に出席した、3名全員が出席してくれました!素晴らしいですね!

さて、当日は日本気象学会がつくばで開催されており、
本日の講師である鈴木さんも、ポスターセッション後に来てくださいました。お疲れ様でした!
気象モデルの研究をされている鈴木さんからは、
今年3月8日に神奈川県海老名で時間雨量70㎜,24時間雨量200㎜を超えた大雨を事例に、
気象モデルが予報した雨量と実況とのギャップを作業形式で教わりました。

鈴木さんから、GSMが予報した実技試験でお馴染みの天気図が渡され、
3月8日夜から9日朝までの関東地方の降水量,気温,風を予報せよとの課題が出ました。
そしてまりあさんチームと長坂さんチームに分かれてグループワーク。
皆さん懐かしそうに解析されていましたね(笑)


0519@1
0519@2


私本橋は今まで一人で天気図とにらめっこしてきたので、グループで討論できたことがとても嬉しく楽しかったです。

それぞれグループで出した予報を発表しましたが、実況の気温、降水量と随分違う結果になってしまいました…


0519@3
0519@4


今回の事例は2つ玉低気圧。関東甲信地方は暖湿流が南西から流れ込み、
特に静岡や神奈川県西部山沿いで大雨となるケースです。MSMで予想された雨量も山沿いで多くなる結果になっていました。
しかし、今回は平野部で、季節外れの大雨になってしまいました。
これはどうしてでしょうか?こんどはみんなでグループワーク。MSMと実況を見比べて討論しました。


0519@5


答えはCold-Air Dammingと呼ばれる下層に冷気が滞留する現象がMSMで予想したよりも長時間維持し、
沿岸前線(下層冷気と暖湿流が収束する場所)が東京から神奈川県に停滞していたから。
南からの暖湿流が沿岸前線で上昇流となり積乱雲が発達、
平野部でモデルでは表現されなかった大雨が実際に降ってしまったと考えられます。

200㎜という大雨、しかも、深夜の時間帯で強く降ってしまったので、もしも災害が発生してしまったら大変でした。
ここでモデルの怖さが見えてきましたね…

今日の天気予報は、コンピューターがほぼ出してくれる大変便利な時代です。
そこで天気、気温、降水量、風などを予測したモデルをそのまま鵜呑みにしては、私達気象予報士がいる意味がありません。
モデルが出した予報がなぜそうなるのか?そういった姿勢が大切です。
今回の事例では“下層寒気”という現象が頭に入っていたら、
平野部でも大雨になる可能性があると伝えることができるかもしれません。

6月より気象庁の新しいスーパーコンピュータが運用され、モデルも従来より進化しますが、
モデルの短所と利用方法を忘れず、気象予報士だからできる予報をしていきましょう!

最後に、今回企画してくれた森本さんをはじめ、講師の鈴木さん、参加された皆さん誠にありがとうございました。
またお会いできること楽しみしています。
長文真面目な文章になってしまい失礼しました。
以上関東支部勉強会報告でした。


本橋淳也

2018.05.29(Tue) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

日本気象予報士会 2018年春の案内会

こんにちは!
学習院大学3年の宝田です。

4月29日に行われた日本気象予報士会・春の案内会(東京会場)にて、
学生会を紹介させていただきました。
遅くなりましたが、その模様をお伝えします。


案内会は春と秋の年に2回、主に新しく気象予報士になられた方に向けて行われています。
有志活動団体である私たち学生会も、会について説明させていただきました。

学生いらっしゃるかな・・・?ドキドキわくわくしながら・・・
ポスターを用意して、新しい仲間を見つけるべく、いざ参戦です!

annai18shuugou

初めに参加者皆さんの自己紹介タイムがありました。
ここで私たちはよーく耳をすませて、
「学生」という言葉を心待ちにしていました。

するとなんと!3人もいらっしゃったのです!
(うち一人はもうすでに学生会会員でしたが笑
気象予報士の資格を取る前に学生会に入会して、前回の試験で合格された方なのです。
改めて、おめでとうございます!)

次に会の説明があり、その後は私たちが参加者の皆さんと直接お話しできる、
ポスターセッションの時間です。

annai18daihyo

早速、学生の方にアタック!
直接活動内容などについて、細かくお伝えすることができました。

その後まもなく入会していただき、うれしい気持ちでいっぱいです。
これから一緒に活動できるのを楽しみにしています!


このような感じで、無事終えることができました。

ちなみに、この案内会に出席されてない方、気象予報士でない方も、
学生会に入会できます。
どうしようかなと迷っている方、お気軽にご連絡くださいね!

それではまた(^_^)/

2018.05.12(Sat) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |

4月定期食事会

新学期が始まりましたね!

都内ではここ数日肌寒い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。




ブログ執筆を担当するのは早大4年の山本です。
登録番号5ケタの新米気象予報士です。
在籍は3年目ですが、前回は16ヶ月ぶり、今回は1ヶ月ぶりの参加です。
ご無沙汰しておりました。




今回お伝えするのは、4月10日に開催された【4月定期食事会@池袋】です!!

初参加の方2名を含めた10名の参加でした。
辛さに悶絶しながらも(※主に自分ですが)中華料理に舌鼓を打ちました。




突然ですがここでなぞなぞです!




Q1.「センスのいい扇子がほしい」というセンスがあるのかないのかわからない代表の一言に対する,
某幹部のリプライ「青色がいいと思います!」。
その真意は?

Q2.社内にいる人はみんな輝いていた。なぜ?




答えは本文後半にて〜




さてさて、今回の食事会では「今後学生会としてやりたいこと」をテーマに議論もしました! 
独断と偏見に基いて考察していきたいと思います。苦情は一切受け付けません。




《Plan 1. 季節を感じるイベント》

季節性のある植物を楽しもうということですね。
フィールドワーク的な。
新しい試みですし実現可能性もあるので、ぜひやりたいですね。




《Plan 2. 果物狩り》

N坂さんを連れていくかどうか迷うところではありますが(詳細は→12月定期食事会)、
個人的にはここ数年果物狩りとは疎遠なので、みんなで心とおなかを満たしたいです。



《Plan 3. 気象台見学》

先週竹橋の気象科学館に初めて行ってみたのですが、やはり現場で何をしているのかを知るのは大切だと思います。
(関東)学生会としては最近聞かない話ですね。楽しみです。




《Plan 4. 勉強会の充実化》

試験直前に1回だけ開催するのはもったいないと自分自身思っていました。
予報士を目指す方にとっては貴重な機会。ニーズは大きいはずです。



201804shokuji






では先程のなぞなぞの答えです。




A1.扇ぐから(青good→青グー→扇ぐ)

A2.shine(社員)だから




《Plan 5. おやじギャグ研究会》

代表代行と窓口係のお二人で検討をお願いしたいです。。。




そういえば代表はまもなく留学に行かれるそうで、現地で海外支部を立ち上げてくださるみたいです。
半年後のミーティングは英語開催でしょうか。恐ろしいですね。




以上長文失礼しました。

【4月定期食事会 兼 代表フェアウェルパーティー@池袋】のもようを山本がお伝えしました〜!

2018.04.18(Wed) | 食事会 | cm(0) | tb(0) |