プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

1月 東北支部 気象予報士試験勉強会

今シーズンは暖冬と言われながら、スキー場は雪がたっぷり。今年は山雪型ですかね。
おばんです。東北大学修士一年の鈴木健斗です。

先日東北大学のキャンパス内にて気象予報士試験対策勉強会を行ったので簡単に報告します。
今回の勉強会では3人が集まり、一緒に前回(第50回)の実技試験2を解きました。


190114@1


大問を1題ずつ解いた後、3人で議論して解答がどうなるか考えていきます。
実技2は本州の南にある低気圧が西から近づくトラフと結びついて発達する過程に関連した問題でした。1人で問題を解くよりも、複数人で色んな意見を聞きながら勉強をする方が楽しいし身につくことが多いですね!
東北支部では来年度も勉強会を続けていきたいと思います!
スポンサーサイト

2019.01.22(Tue) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

1月 関東試験直前勉強会

こんにちは!日本大学4年の藤倉です。
これまでブログ書く人を決める時はボヤ~っと存在感を薄くして逃れてきた私ですが、今回はついに捕まってしまいました……
ですが、書くと決まったらしっかり書かせて頂きます。

今回も前回に引き続き日本大学文理学部キャンパスで、1月末に行われる予報士試験の直前勉強会が行われました。参加者は予報士が庄村代表・佐々木副代表・私・森本さん・工藤くんで(年齢順)、受験生が堀ノ内君でした。
…つまり受験生は一人だったわけです。ちょっと寂しいですよね。

形式としては堀ノ内君から質問が3つほど寄せられ、それを皆で考えるという形になりました。

190112@1
図1 演習風景

190112@2
図2 解説中

190112@3
図3 第50回試験実技1試験問題地上天気


堀ノ内君は既に合格できる程の実力を持っており、結果的にレベルの高い勉強会でしたね。
また、何と当日は東京で初雪になり、窓からも降雪が確認できます。風流ですね。


190112@4
図4 降雪風景
※よーく目を凝らすと小雪が見えます

190112@5
図5 工藤君の袖に舞い降りた白の欠片

勉強会の後は庄村さんも合流し、皆で食堂で食事をとりました。食堂は安いのがいいですよね。
加えて、この日は午後から私の在籍している地球科 気象研 山川先生主催による予報士試験直前対策講座が開かれており、堀ノ内君はじめ受験生の方は更なる学力向上に望まれました。
少し話が逸れてしまいますが、山川研究室では普段から予報士対策の講座を実施しておりますのでお気軽に!

最後に、今年度に入ってから予報士会の活動がやや縮小傾向にあるようです…
気象系の研究室や気象関連の講座・授業のある大学、気象学会関連を中心に宣伝をしていくことや、学生会HPにSEO対策(検索かけたら上位にくるようにするやつです)を施すのも手かもしれませんね。

以上、藤倉が報告させて頂きました!
※次回の活動は2月3日のMGになります。

2019.01.18(Fri) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

関東忘年会

明けましておめでとうございます!
初めてのブログ担当となりました、東京大学2年の笠見です!

今回は12月27日に、池袋で行われた忘年会について報告させていただきます。

その前に、初めてのブログ担当ということで、少し私のことについて書かせていただきます。

東京大学では2年の夏に進学選択という学科決めがあり、私は理学部の地球惑星物理学科に内定しました。地球惑星物理学科は、気象や地震、地球内部、宇宙プラズマなどを物理的に解明する学科です。ということで、これからは気象などについて勉強していきます!

私が今までに参加した学生会の活動は昨年の7月定期ミーティング、9月の学生会合宿。つまり今回の忘年会は、なんと15ヶ月ぶり3回目の活動参加となります!大学内のサークルで執行代を降りたのを機に学生会に復帰しようかなと思い、今回久々に参加させていただきました。1年間何も活動に参加していない人が忘年会だけ参加するというのも変な感じがしますが、そこは突っ込まないでください!

それでは、本題の忘年会の方に。

今回の忘年会の参加者は元々8人の予定でしたが、1人体調を崩され7人の参加となりました。

来年、卒業を迎える方が多かったため、まず就活の話が話題になりました。私にはまだ先の話で、就職するかどうかも含め何も考えていなかったのですが、インターンの話や気象業界への就職の話なども聞けて参考になりました。

また、気象業界でのバイトについての話も出ました。私も興味があるにはあるのですが、深夜の労働など、大変そうなことも多いなと感じました。

その後、話題は1人暮らし、ペット、子役の裏話、トンネルで叫ぶ話、田んぼに落ちたい?と何かよくわからない方向に進んでいきましたが(誤解されないように言っておくと、私はトンネルで叫んだりしないですし、田んぼに落ちたくはないですね…)、最後には気象予報士学生会らしく日本海での風の収束に関する話も出てきました。

今回の忘年会は、久々の参加で初めて顔をあわせる人が多かった私でも楽しむことができました。今まで非常に長い間幽霊となっていたわけですが、これからは時間があれば積極的に参加していきたいと思っています!

2019.01.02(Wed) | 食事会 | cm(0) | tb(0) |

12月 関東勉強会 @日本大学

こんにちは!
新入りの日本大学2年の堀ノ内です。
今回は、12月9日に日本大学 文理学部で開催された 勉強会・懇談会 のご報告をさせていただきます!


181209@6


13時あたりから始まった勉強会には、自分を含む初参加2人を加え、6人が出席しました。

はじめは、自己紹介から始まりました。
様々な学年・大学の方が集まりました。

そして気象予報士試験の過去問をとき、質問とお菓子を交えながら答え合わせをしました。

低気圧の今後の移動方向を答える問題の解説が理解し難いもので、納得できずに終わってしまったのが残念です。


181209@2

181209@3


その後は、この勉強会・懇談会を企画・実行してくれた工藤君が、今冬の気候について自前の資料を用いて説明してくれました。

資料の中には、工藤君がNHKラジオを聞いて作った天気図も載せてあり、気象に対する熱意を感じました。


181209@4

181209@5


建物の地下に移動し、藤倉先輩が研究中の雪の結晶を見学させていただきました。
時間の都合で雪の結晶ができる瞬間を観察できなかったのが心残りです、、、

勉強会後はご飯を食べながら、懇談会を開催しました。
懇談会からは、初参加の保科さんも参加し、貴重なお仕事・バイトのお話や資格を取得した経緯などで盛り、資格取得へのモチベーションが上がりました。

最後に、今回の勉強会・懇談会を企画してくれた工藤君・藤倉先輩、そして参加した皆様、ありがとうございました!

今後も出来るだけ参加していきたいとおもいます!
以上、関東支部12月勉強会の報告でした

2018.12.13(Thu) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

日本気象予報士会 秋の案内会

こんにちは。代表のしょーむらです。
今回は11月10日(土)に開催された、(一社)日本気象予報士会・秋の案内会(東京会場)の模様をお届けします。

実は有資格者団体「日本気象予報士会」の有志活動団体である学生会。毎年春と秋に開催される新人予報士向けの案内会に、学生会として毎回参加しています。

参加者の自己紹介に耳を澄まして学生を探すのは、学生会の恒例イベント。半年前の案内会には、学生が4人ほどいた気がするのですが、今回は…

…なんと! 倍の8人が参加していました!(拍手〜)

有志団体唯一の学生団体なので、8人全員が興味をもってくれたようで、学生会のブースは大盛り上がりでした! めでたしめでたし。


181110@1


…であればよかったのですが、残念ながら今回の参加者は全員社会人。学生会的にはあまり収穫がないまま終わってしまいました、、、

ですがくじけず「気象予報士の資格を持っていない方でも入会して頂けますので、お知り合いに気象に興味のある学生さんがいらっしゃいましたら、ぜひ宣伝して頂けるとありがたいです! 特にキャスターには強いので!」という一言を参加者に伝えておきました。


181110@2


以上、案内会を1人でこなした早大4年の山本がお伝えしました。ちなみに代表は欠席でした。

2018.11.20(Tue) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。