プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


6月 定期ミーティング

こんにちは、東京大学M1の山本です。調べたら今年度のブログには4回目の登場になります。このペースでいくと2桁も夢ではありませんね。

さて、ブログ係の某氏から執筆を頼まれたわけですが、メモ帳に最初に書いた文字は「所信表明」でした。何を考えているんでしょう、、、。翌日正気を取り戻して普通にブログを書いております。

所信表明という言葉が出たので1つだけご報告を。6月30日のミーティングをもって、私山本が学生会の代表に就任いたしました。6代目になります。どうぞよろしくお願いいたします。前代表の庄村さんについては、上皇と呼んであげてください。

学生会は4年目になります。4年間何をしていたかとりあえず振り返りたいと思います。

大学2年:入会
大学3年:1年以上離脱
大学4年:たまに学生会に顔を出してはブログ執筆の話のときに目をそらして執筆係を逃れる
今日:執筆係に任命されてしまう


190630修正@1


ミーティングのことも振り返らなければいけないので、

①合宿について
→北九州案のプレゼンがあり全会一致。今年は某卒業生に会いにいきます

②元素Tシャツについて
→逗子で売っているようです

③天気管の観察
→天気管の作り方や結晶のでき方など。お土産としてミニ天気管をいただきました

④代表の交代について
→略

⑤諸連絡


190630@2


食事会は有志7名で盛り上がりました(写真ではひとりいなくなった気がするけど…)。
そういえばうちにやってきた天気管は元気に結晶を作っています! おわり


190630@3


-----
【所信表明】

気象予報士学生会(以下「学生会」と略記)の第6代代表を務めるにあたり、以下に所信を述べさせて頂きます。

(中略)

以上をもって所信表明といたします。

令和元年6月30日
東京大学大学院修士課程1年
山本晃立
スポンサーサイト



2019.07.08(Mon) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

4月 関東ミーティング

こんにちは。初めまして。
日本大学三年の浅見真悠です。今回初めて学生会の活動に参加させていただきました。
よろしくお願いします。

4月13日に行われたミーティングについて報告させていただきます。
今回は今年度の方針の策定、勉強会、座談会、夏合宿案といった内容でした。


まず諸提案として山本さんから発表がありました。
「Slack」や会報誌の導入、twitter、MLなど既存媒体の活用が挙げられました。

全国の会員の方が情報交換や議論をするためにはどうしたらよいのか、活動報告などの相互交流をどのようにして活発にしていくのか深い議論でした。


続いて藤倉さんの発表です。
気象予報士学生会の意義の明確化についての発表でした。

気象好きの人的交流、資格取得の手助け、研鑽の場であることが学生会の意義としてあげられさまざまな提案がありました。

私は初参加でしたので予想以上に真剣な話し合いに圧倒されました。


190413@1


続いて勉強会です。
今回の参加者の中で気象予報士資格の勉強中だったのが私を含め二人でした。

今回は分からないところが分からないといった状態で勉強法について皆さんに尋ねたところ皆さん親切に教えてくださり資格取得への意欲が湧いてきました。

また勉強会の改善案についても話し合い、勉強中の人の意見からテーマをきめて準備をしてから勉強会に臨むという意見が出され早速次回の勉強会から実施されることになりました。



190413@2


テーマは勉強中の私たちが大気の力学(風関係、コリオリの力など)をリクエストしました。
テーマをリクエストして教えていただけるのは本当にありがたいと思いました。

最後は夏合宿についての話し合いでした。
大まかに行き先の案が出されていました。


ミーティングの後は懇親会でした。
皆さん気さくに話してくれていろいろなお話を聞くことができて良かったです。


今回のミーティングが初参加でしたが本当に楽しかったです。
拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
これからよろしくお願いします!



190413@3


2019.04.21(Sun) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

2月 アニュアルミーティング

こんにちは。

空前絶後の気象予報士、長坂英明です。


就活正式解禁が近くて、日◯経◯新聞から目が離せませんね!

私はもう就活をしたくないという気持ちでいっぱいです!


エントリーシートで、

「あなたを表す一言は⁇」

→「空前絶後の気象予報士」

と書いて内定もらった会社に4月から就職します!


今回は2月3日に開催されたミーティングについて報告します。


今回は年度末のアニュアルミーティングを兼ねてるようで、

4人の方からの発表

幹部交代

懇親会

を行いました。

今回は20人近くの参加者がいて、いつもよりも賑やかな会となりました。


190203@1


最初の発表は、初代代表の高橋さん。

電力の視点から気象を見る機会はなかなか無かったので、非常に興味深い内容でした!


次は前代表の安齋さん。

気象業界の仕事、就活についての話でした。学生時代とは違う更に大人の安齋さんになったなと感じました!


その後、4月から案内係の藤倉君。

彼の気象に対する愛情の大きさを改めて感じました。


最後に特に役職なしの長坂君。

本日参加者の中で唯一の卒業生ということで、就活について話していました。最後に色紙をもらっていました!

(ありがとうございます)


その後幹部交代を行い、

移動して懇親会を行いました。

中にはもつ鍋を食べてる人もいましたよ!


190203@4




更に二次会にも多くの方が参加して、

基本的に就活の話で盛り上がっていました笑


ただ、私は気象系に関係ない、生命保険会社に就職するので、参考にならないことも多かったかもしれません笑


私はアクチュアリーという保険数学の専門家の資格の勉強をしながら保険会社で働くことになりますが、

生命保険アクチュアリーかつ気象予報士は史上初みたいなので、

早く合格して本物の「空前絶後の気象予報士」になります笑


20歳の誕生日に気象予報士試験に合格したことは人生で最も嬉しかったことの1つです!



っという間の学生生活ですけど、


想の自分に近づけるように、


張って欲しいと思ってます。


然困ったり悩んだり悔しがったり、


んざりする程失敗するかもだけど、


みんな描いた未来を叶えてくださいね!


190203@3


最後に、幹部を中心とした気象予報士学生会の皆様、OBOGの先輩方に感謝します。

2019.02.28(Thu) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

7月定期ミーティング

7月14日土曜日に、定期ミーティングと懇親会を開催しました。そのことについて、日本大学2年の工藤達貴が報告いたします。

最初に、定期ミーティングを行いました。今回は、元代表の安斎さんをはじめ、2名のOBの方が来てくださいました。

定期ミーティングの内容は、
・9月14日(金)、15日(土)に行われる合宿の行き先の決定
・地上天気図の作成及びその解説
でした。

 それらの内容について詳しくお知らせします。

 まず、9月14日(金)、15日(土)に行われる合宿の行き先を決定しました。行き先の候補として、静岡、名古屋、鹿児島が挙がり、それぞれの場所での行程や名所、予算についてのプレゼンテーションが行われました。鹿児島についてのプレゼンテーションは、関西支部から谷本さんがSkype中継で行いました。それらを踏まえた多数決の結果、静岡に行くことに決定しました。


0714@1


次に、地上天気図の作成とその解説をしました。
 初めに、NHK第二放送で放送される気象通報の録音を聞き、平成25年5月1日18時の地上天気図を作成しました。天気図を書くことに慣れていないため手間取っていた人も多かったですが、それでも、全員が思い思いの天気図を完成させていました。


0714@2


その後、全員の天気図を見せ合いました。文字の形や線を描く時の丁寧さに、一人一人の個性や性格が表れていました。とりあえず、全員の天気図が概ね正解通りだったので良かったです。
 そして、私、工藤達貴が天気図の作成のポイント等を解説しました。

・その日の概況
・気象通報の大まかな流れとポイント
・天気図の作成には慣れが必要であること
・私が天気図を書くときに経験したこと

についてお話致しました。


0714@3


最後に、出席した全員で記念写真を撮り、定期ミーティングを終了しました。


0714@4


定期ミーティング終了後、自由が丘の居酒屋「うまいもん酒場 えこひいき」にて、懇談会を行いました。新たに、京都地方気象台に勤めるOBの方など2人が加わり、研究室の研究内容や就職先についての話、大学院についての話、その他諸々の話をして、楽しむことができました。


0714@5


以上を持ちまして、今回のご報告と致します。

 近年、大学1年から3年生が少ないので、気象に興味のある方、気象予報士の方、気象予報士を目指している方は、ぜひ入会してください!中学生、高校生も大歓迎です!

2018.07.18(Wed) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

2018年アニュアルミーティング

こんにちは!
元代表の安齊理沙です。皆さん、私のこと覚えていらっしゃいますか??
5代目代表の庄村くんが今は学生会を引っ張ってくれていますが、私はその前の4代目の代表を務めていました。
簡単な自己紹介をしますと、私は筑波大学大学院の大気科学分野に所属し、研究室では温帯低気圧について修士研究を進めました。
現在は卒業も確定し、さらに春休みということで、最後の学生生活を謳歌しています。
今も、パリに向かう飛行機の中でワイン片手にこの記事を書いています。エールフランス、最高!(笑)

どうでも良い話はこれくらいにして、今回は先日行われたアニュアルミーティングについて報告させていただきます。
毎年学生会の年度の節目として開催されるこのアニュアルミーティングでは、主に卒業生を中心にそれぞれの大学や大学院で進めた卒論や修論を紹介した後、今年度の振り返りや来年度の予定などを話し合う、というのがここ最近の傾向です。
今年も同じような感じで進めました。

20180304_アニュアルMTG-1


参加者が集合した直後にプロジェクターがなかなか使えないというトラブルが発生したものの、なんとか一人目が発表を開始。
その発表者がこの私でした。
タイトルは「冬季多降水をもたらした温帯低気圧の構造」です。
主に、南岸低気圧の閉塞過程に伴う降水域について気流構造を元に解析をすすめ、修論にまとめました。
自分の研究内容を大学院以外の人、しかも普段仲良くしている仲間たちに聞いてもらうってちょっと恥ずかしいですよね。
みんなに少しでも自分のやってきたことが伝わったなら良いな、と思います。

20180304_アニュアルMTG-2


続いて、私のバディ(副代表)として一緒に学生会を運営した稲田の発表。
タイトルは「2013年7月の島根山口豪雨に関する観測的・数値的研究」です。事例解析ですね。
私は、彼とは違う大学院に通っていましたが、たまにお互いに研究相談もしていたのでなんとなーく内容は知っていました。
しかし、ちゃんと発表を聞いたのは初めて。
一つの事例に関して様々な数値解析や再現実験をすることによって、その事例の発生要因を追求するという素晴らしい修士研究でした。

20180304_アニュアルMTG-3


10分ほど休憩を挟んでから次の発表をしたのは、私の予報士同期でもあるよこやすです。
彼は、私が代表を務めている時には同じ幹部として個人情報管理責任者や関西支部担当として一緒に学生会を運営してきました。
彼は、実は関西に縁もゆかりもなかったのですが、当時ピンチだった関西支部のために何度も東京から新幹線で出向いてくれました。
最近は関西支部の入会者も再び多くなってるそうです。関西支部の皆さん、今後の活躍を期待してますよ!
よこやすは、大学院では砂防関係の研究をしていました。
今回のミーティングでの発表タイトルは「熱帯雨林天然林とオイルパームプランテーションの水収支比較」です。
大学院在学中は毎月のようにマレーシアに行き、観測を続けていたそうです。
学生会では関西に何度も出向き、大学院ではマレーシアに通い、とてもフットワークが軽いですよね。来年度からは、(ここでは詳しいことは言えませんが、)全世界をフィールドとして活躍する仕事に就くそうです。今後も彼の活動に期待しましょう。

20180304_アニュアルMTG-4


続いて発表したのは、勝部くんです。
発表タイトルは「沖縄梅雨の降雨特性の気候学的変動とその要因に関する解析」です。
最初に、彼の所属する研究室で運営しているひまわり8号のデータについての紹介がありました。
彼は、日本で唯一(?)のリモートセンシングに特化した研究室に所属し、その研究室ではそれらのデータ配信を行っているそうです。
中でも最近、ひまわり8号の画像を使ったYouTube動画を配信しているそうで、その紹介をしてくれました。
ぜひこのブログを読んでいる皆さんも、「千葉大学 ひまわり8号」などのキーワードで検索してみてくださいね。
彼の研究内容は、ひまわり8号とは全然関係ないのですが、沖縄梅雨に関する研究です。
私は、彼が気象学会で発表していたのをすでに何度か聴講していたため既に内容を少し知っていたのですが、とても興味深い研究だしわかりやすかったです。
世間にあまり注目されない沖縄梅雨について、様々な視点から解析をしていました。

20180304_アニュアルMTG-5


最後に発表したのは、学部4年生のくまくんこと熊谷くんです。
発表タイトルは「埼玉県熊谷市の近年の熱中症搬送者の特徴と傾向」です。
熊谷市にある大学に通う熊谷くんだからこそできる研究ですよね。
卒業研究は修士研究に比べて研究時間が短い中、素晴らしい研究ができたと思います。
発表の最後には、彼のアルバイト先である某気象会社について紹介してくれました。
気象が大好きな彼からは、いかにそのお仕事が楽しいかというのが溢れ出ていました。

20180304_アニュアルMTG-6


修論・卒論発表の後にはOBの鍋谷さんからお仕事紹介をしていただきました。
学生会ではここ2,3年、機会があれば学生会のOB・OGの先輩方にお仕事紹介をお願いしていました。
様々な学校から学生が集まる学生会だからこそ、普段それぞれが所属している学校では聞けないOB・OGの先輩方の活躍を知ることができるのはとても貴重なことだと思います。
ぜひ、今後もこの活動は続けて欲しいです。

20180304_アニュアルMTG-7


最後に、今年度の振り返りと来年度の幹部発表がありました。
そして、その後は(私自身もちょっと期待していましたが笑、)卒業生への色紙贈呈です。
後輩たちからのメッセージと共に、素敵な色紙をいただきました。
メッセージを書いてくれた皆さん、そして色紙を作ってくださった幹部の皆さん、本当にありがとうございます。

20180304_アニュアルMTG-8


集合写真も。
みんなとっても良い顔です。

20180304_アニュアルMTG-9


最後に、少しだけお話しさせてください。

私が2014年11月に学生会に入会してから今まで、学生会でたくさんの出会いがありました。
特に、2015年4月から2017年7月にかけて学生の代表をしていた期間は、この出会いと共にたくさんの人に支えていただきました。
学生会での活動を通して出会った方々も沢山います。
いつでも学生会を見守ってくださる気象予報士会の皆さま、津波防災イベント・そら博・キャスター座談会などの天気イベントに参加して出会ったスタッフの皆さま、出前授業で伺った小学校の先生方、気象台訪問などでお世話になった気象庁の職員の皆さま、他にも挙げたらキリがありません。
そして何より、学生会の仲間に出会い、この高間たちに支えられたからこそ、私は学生会で活動することができたのだと思います。
この繋がりは一生の宝です。

2011年に発足された学生会も、もう8年目になります。
東京オリンピックの年には10年目になるんですね。
その時の学生会には、私の現役時代を知る人はどれくらいいるのでしょうか。。。
学生会は、学生が運営する団体のためどうしてもメンバーの入れ替わりは激しいです。
だからこそ新しい風を吹かせることができるのも。この団体の特徴だと思います。
未来の学生会は、今よりもっと素敵な団体に成長していると信じ、今後の学生会に期待しています!!

今まで、ありがとうございました!
そして、これからも(OB・OGとして)よろしくお願いします!

2018.03.15(Thu) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |