プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


2018年度 静岡合宿 ~延泊~


enpaku@1


おばんです。副代表の東北大M1の鈴木です。
学生会合宿も今年で5回目の参加です。
久々に(おじさんくさい)ブログを書こうと思います。

学生会の前泊編と1日目、2日目のブログは以前に掲載していますので先にご覧ください。


最初に載せたハンバーグ、見てどこのお店か分かりましたか?
静岡駅で全体解散した後に、延泊予定四人+谷本で静岡市を出発し浜松まで高速で移動!
夕ご飯の行き先は静岡県のソウルフード、「げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか(通称さわやか)」です。
静岡県内にしかないファミレスですが、そのレベルはファミレスのレベルをはるかに超えています(笑)。
私が祖父母家に行くときに必ず食べる、さわやか浜松中田店に行きました。

なんといっても一番人気はげんこつハンバーグです。まだ中が赤いままなのが特徴!
出てきてから鉄板で焼くことが出来ますが、予め焼き加減を注文することも出来ます。
ソースはやっぱりオニオンソースですね。表面こそしっかり焼いてあるものの、中はユッケのような生肉感がたまらないです。皆さまは画像でお楽しみください。


enpaku@2
出典:https://girlschannel.net/topics/271389/



enpaku@3
学生会きってのさわやかイケメンもさわやかにご満悦のご様子
後ろのおじさんは筆者



お腹がふくれたあとに谷本くんを浜松駅まで送った後、延泊組は浜松の隣にある愛知県新城市の湯谷温泉に移動し、温泉街の宿に泊まりました。


enpaku@4
浴衣いいですね。


(前日の飲み会に比べて)真面目な話をしながら暫く飲んだ後、大富豪をやりました。
都落ちはなしの方が面白い。


翌朝は10時からゆっくりスタート。最初に浜松市にある竜ヶ岩洞(鍾乳洞)に行きました。
さわやかの記事で力を使ってしまったので、ここからは写真と共にコメント。


enpaku@5
なんのポーズをしているのでしょうか。私にはわかりません。


enpaku@6



四人で集合写真鍾乳洞を出た後、近くにあるフルーツパークへ。
フルーツパークの入り口には大きな熊のぬいぐるみが。


enpaku@7


笑顔がいいですね!(ちなみにですが、昨晩のホテルにも同じぬいぐるみがありました。昨日泊まった富士宮ホテル時之栖とこのフルーツパーク時之栖は同じ系列グループだそうです。)


enpaku@8
やることが若い(幼い)ですね。



enpaku@9
梨を狩ってご満悦。新聞紙を取ってから見せてくれるとよかったかも?



enpaku@10
女子力が感じられる一枚ですね。



enpaku@11
のんびりフルーツ園を散策



帰りは三連休の中日ということもあり、渋滞にはまりながらも(その間ずっと水平思考クイズをしていましたが、)無事に東京に帰ってくることが出来ました。


enpaku@12
合宿最終日にして漸く姿を現した富士山



今年の合宿も楽しかったなあ。
幹事を努めてくれた佐々木ことささもん、本当にお疲れ様でした!
学生会のメインイベントである合宿ですが、今年も全国から個性溢れる気象好きの学生が集まりました。
気象予報士学生会には、様々なバックグランンドをもつ面白い学生が集まるなって思います。
もちろん気象の勉強も大事ですが、この学生会に所属することで出来る人との繋がりこそ学生会の一番の強みだと思います。
学生会の発足時から入会している私は、今年で8年目(老害?)になります。
学生会も後半戦ですが、これからも幹部として学生会を盛り上げられるように頑張ります!
よろしくお願いいたします。
最後にひとこと、
現役の幹部が再来年度で卒業の人が多いので、(2020年問題)
再来年度以降の学生会を率いる若い力を募集しています!

では!
スポンサーサイト



2018.10.09(Tue) | 合宿 | cm(0) | tb(0) |

2018年度 静岡合宿 ~2日目~

こんにちは!日本女子大学4年の森本まりあです。
今回は合宿2日目、
■白糸の滝
■お昼のバーベキュー
■静岡県地震防災センター 
についてレポートさせて頂きます。


ではさっそく、朝一番で向かったのは日本の滝百選の一つ、白糸の滝です。高さ20m幅150mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちています。


nagoya2@1


この滝は、富士山の雪解け水が流れ出ており、透明度が高くとても綺麗です。この日は雨が降っていたこともあり、空気がヒンヤリとしてとても神秘的でした。


nagoya2@2


こちら、滝壺まで降りていくこともできます。また、近くの音止の滝も、連日の雨で水量が多くなっており、迫力満点でした。


マイナスイオンでたっぷり癒やされた後は、お昼のバーベキューへ。屋根付きなので雨でもバッチリ楽しめました。


nagoya2@3


火をつけて、うちわでパタパタして… 


nagoya2@4


お肉を並べて、ジュワッと炙り…    

おいしく頂きました!食べている写真を載せたかったのですが、食べるのに夢中だったのか写真が見つからず…400枚以上撮っているのに、残念です。。


さて、気を取り直して、午後は静岡県地震防災センターへ。こちらは、東海地震に備え知識や技術を身につけること、そして次世代の地域防災の担い手を育成することを目的とした施設です。そして、ここからは学生会OBで、現在はSBS静岡放送で活躍されている田中健太郎キャスターもゲスト参加して下さいました。お忙しい中、本当にありがとうございます!


nagoya2@5


さっそく、館内の方に案内して頂き、TSUNAMIシアターへ。鮮明で迫力のある映像で、津波の恐ろしさや発生のしくみを学びました。東海地震を想定したCG映像ももちろん恐怖を感じましたが、私自身は一般の方が高台から撮影した、東日本大震災の津波の映像が最も印象に残っています。刻一刻と変わっていく町の姿に、「もうおしまいだ…」と嘆く声、「速く逃げろ」という叫び、すべてが現実に起こったことだと思うと、本当に恐ろしいです。


nagoya2@6


その後は、様々な展示物を見せて頂き、地震体験を経て防災講話へ。講義のメインは、実際地震が発生したらどう動けばよいのか、災害対応のお話です。防災準備のお話から、避難の際のポイント、その後1週間はどう過ごすのか、知りたいことを丁寧に教えて下さいました。


nagoya2@7


そして、さらに踏み込んで、災害対策本部では何をしているのかも伺いました。大切なのは、膨大な情報をみんなで共有し、”分からない”をなくすこと。見るだけで、すべてが分かるように、地図・掲示板・一覧表を利用するのだと教えて頂きました。「聞いたら、書いて、掲示する」「書いて、描いて、書きまくる」大事な大事な3Kです。ぜひ覚えてくださいね!


nagoya2@8


最後は、集合写真撮影。地震防災センターの職員の皆様、貴重なお話を聞かせて下さりありがとうございました。


という訳で、今回の合宿正規日程のレポートは以上になります。長文にお付き合い下さりありがとうございました。次回は延泊組のレポート、お楽しみに!

2018.10.09(Tue) | 合宿 | cm(0) | tb(0) |

2018年度 静岡合宿② ~1日目~

こんにちは!
慶應義塾大学大学院 修士1年の遠藤昌樹です。初ブログ書かせていただきます。
私は予報士に合格したのがちょうど1年前で、学生会に入会したのはそれからです。
学生会には代表を始め、慶應の方が多くいらっしゃいますが、みなさんとにかくくせ個性が強いので、
埋もれないように私も慶應感をだしていきたいと思います笑

そんな今年の合宿の行き先は、富士山やお茶、ウナギなどで有名な静岡!!(ウナギは食べれませんでした。)
前日入りしたり延泊する人もいましたが、基本1泊2日で15人くらいの学生会のメンバーで静岡を満喫してきました。


当日組は、朝渋谷で待ち合わせてからレンタカーを借りていざ出発です。
天気は、(東日本太平洋側から西日本へ伸びる前線の影響で、)あいにくの雨。
ちなみに、予報士資格と晴れ・雨 男,女の相関は0です。
予報士をとったからといって、晴れ男や晴れ女になれるわけではありません。(なれたら、天気を予報するの簡単なんだけどなぁ)


初めに向かったのは、渋谷から車で2時間ちょっとで行ける焼津。
焼津といえば、そう海鮮!!岐阜県を巡っていた前泊組と合流して、小川港魚河岸食堂で海鮮をいただきました。

自分が食べたのは駿河定食という、マグロのお刺身とかき揚げの欲張りセット。
かき揚げの大きさハンパないですし、サックサクでとてもおいしかったです。


nagoya1@2



新幹線組みも合流してみんなで13人、次に向かったのは、静岡県地方気象台。


nagoya1@3


普段の業務をお聞きしたり、気象台にある観測機を見せていただいきました。
こちらが降水量や風速を測定する機械。


nagoya1@4


近隣は住宅地のため、風などがその影響をうけないように広い敷地内の真ん中に設置されていました。
また、静岡県ならではの富士山の気象観測の歴史や、静岡の気象の特徴を中心に講義をしていただきました。

富士山の人による観測は1932年から2004年までの72年間行われていたとのこと。
今は無人観測所となっていますが、それまでに何十人、何百人という人が現地で測定をしていたのはただただ驚かされます。
ちなみに富士山の最低気温‐38.0℃、最大瞬間風速は91.0 mにもなるそうです。

気象の特徴として、静岡は雨が多いとのことですが、それは風の収束場であること、また県が東西に延びて海に面して平野であることが挙げられるそうです。
また静岡の平野部は雪が降りにくい気候で、雪が珍しいものだそうです。

普段なかなか見ることのできない施設を見学させていただいたり、職員のお話を聞けてとても貴重な経験をさせていただきました。気象台のみなさま、お忙しい中ありがとうございました!


そしてお次は静岡の有名スポット、三保松原へ行きました。
日本人みんなが好きな富士山、それがより美しく見えるのだから、さぞかしすばらしい風景なんだろうなぁ。
そこで撮れた写真がこちら!


nagoya1@5


おぉ、なんて立派な富士山!!奥に雄大にそびえ立っているのが分かるでしょうか。
え、見えないですって?心の目で感じてください。見るんじゃない、感じるのです!!!
すみません冗談です、相変わらずのあいにくの天気。
この時間、雨が降らなかっただけましです。三保松原の綺麗な写真が見たい方はGoogle検索してください。


nagoya1@6


よくわかりませんが、代表の写真撮影会が行われました笑


日も暮れてきたので、そのまま富士見市にある宿へGO。入り口で巨大な熊がお出迎えしてくれました。


nagoya1@7


この宿のグループ系列の温泉施設がすばらしくて、500円で数種類の温泉入り放題でした!(No Photo…)
温泉&夜ごはんから帰ってきた後は、楽しい楽しいコンパ!代表がやりたがっていた人狼で盛り上がりました。
最後の3人になるまで人狼(元代表)が残り、かなり熱盛な展開に。最終的にはなんとか市民側が勝ちました笑

夜中に東北支部長 鈴木さんも合流。その後も話が盛り上がって、布団に入ったのは朝の4時。
次の日絶対車で寝るやつですねこれ。


以上、合宿1日目の報告でした!
次は2日目の人に交代です~


2018.10.09(Tue) | 合宿 | cm(0) | tb(0) |

2018年度 静岡合宿① ~前泊~

こんにちは。東京農業大学4年の田島です。
今回の学生会合宿の前泊について書かせていただきます!



「白川郷に行こう」
それだけを目的に5人のメンバーが集まり、この旅は始まりました。
言い方を変えれば、それ以外はほぼNO PLANでした。
カナダ留学から帰国したばかりの庄村さん曰く、
「日本だから何とかなる」
ということだそうです。笑



朝8時半に池袋を出発し、庄村代表の運転で白川郷に到着したのは、午後3時でした。


zenpaku@1


目的地に着いて車を降りた直後の彼の嬉しそうな顔を見られただけでも、この合宿に参加して良かったと私は思いました(´∀`)
長時間の運転、ありがとうございます!!


zenpaku@2



約100メートルの橋を渡った先には合掌造りの建物がいくつも並んでいました。
その周りには黄金色に色づいた田んぼが広がっており、昔ながらの田舎の暮らしを感じました。(研究室の稲刈りをサボってここに来ていることを思い出しました......)


zenpaku@3



少し離れた高台の展望台まで登ると、合掌造り集落を眺めることができました!
と、ここで急に雨が降り出してしまったため、急いで駐車場へ。。。


また車に乗り、愛知県へ向かいました。
夕飯は名古屋めしを食べたい!!ということで、途中で名物の味噌カツを食べました~


そして、この日の宿は蒲郡市の民泊でした。
昔ながらの和のお部屋で、廊下がミシミシするところも味があって良かったです。笑

お風呂から上がったら、白川郷のおみやげ屋さんで安齋さんが買ってくださった日本酒をみんなで飲もう!
と言っていたのですが、なんと、5人中4人が寝落ちしてしまい、叶わず...
朝早くからの長旅の疲れが溜まっていたということでしょうか。
おいしい日本酒は次の日にお預けとなりました(°_°)



今回の前泊で私が学んだことは、東京から白川郷へ行く際は、その近くの下呂温泉や高山観光などとセットにするべきだということです。白川郷は静岡へ行くついでに寄るところではないですね。
とってもとっても楽しい前泊でした!!!


zenpaku@4



2018.10.09(Tue) | 合宿 | cm(0) | tb(0) |

学生会合宿2017 ~延泊編~

こんにちは!東北大学理学部2年の瀧口と申します。今回は私が学生会合宿3日目の様子を綴らせていただきますのでどうかよろしくお願いします!

3日目の朝、夜遅くまでみんなでワイワイ遊んでいたからなのか、ここまでの日程の忙しさからなのか、想定外の時間にJアラートで叩き起こされたからなのか、みなさん疲れが残っているように思われました。特にここ2日ずっと運転してくれた先輩方には感謝です。

重い体を起こしながら本日向かったのは、新庄雪氷防災研究所です!こちらの研究所では豪雪地帯である新庄市のローカルな話題である雪に関する研究を行っております。具体的には雪崩や吹雪などの災害を、現地での観測、実権、モデルの作成などです。ここまでもそうでしたが、学生会合宿は現地の特色のある研究を直に聞けておもしろいです!

20170913-14_東北合宿-24
(所長による研究所と研究の紹介)


研究所の説明を聞いた後、学生会一行は館内の実験棟へ。実験室に入る前に所長から、室内はマイナス5度程度になっているという説明を受けた。東北の冬は寒いのです。僕は室内のこんなに寒い環境下で実権を行うなんて流石氷雪の研究所だな〜、なんてことを考えながら実験室の扉の側に掛けられている非常に分厚く暖かそうな実験用のコートを眺めてました。さてでは室内も見学してみましょうと所長が実験室の扉を開け案内してくれ、僕は内心「え?あのコート着ないんですか?」なんて思いながら室内に足を踏み入れると案の定ここまでの疲れも吹っ飛ぶくらい刺激的な寒さが襲ってきました。僕たちは完全に夏服だったのでほとんどが寒さに震えていましたが、所長は同じような軽装なのに全く寒さを感じさせませんでした。流石です。
そのまま極寒の室内で、実験室の説明など興味深い内容を話して頂きました。

20170913-14_東北合宿-25
(実験室内)


実験室から出た後は夏の暖かさを全身に感じながら外の観測機器の説明をして頂きました。普通の観測所には無い特殊な観測機なども置いてありました!

20170913-14_東北合宿-26
(こちらは積雪の重量の観測機です。毎年屋根に大量の雪がのしかかる東北では積雪の重さは重要です!)


といったように雪氷防災研究センターを2時間近くも案内させて頂きました!防災センターの皆さん、本当にありがとうございました。
お昼に差し掛かり、次はご飯を食べに七兵衛そばさんに行きました!山の中を進んで行くと突如現れる、東北人の知る人ぞ知る(?)名店です。

20170913-14_東北合宿-27

20170913-14_東北合宿-28
(メニューはソバのみ!注文すると大量の山菜と食べ放題のソバが運ばれてきます!)


ソバをたらふく頂いたところで3日目は終わりです!後は皆さん各々の方法で解散となりました。あっという間の3日間でした。僕は今回で2回目の参加となりますが、今年も楽しく、そして多くのことを学ばせて頂きました!ありがとうございました!


2017.09.29(Fri) | 合宿 | cm(0) | tb(0) |