当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


出前授業@さいたま市

こんにちは慶應3年のしょーむらです。ブログ記事担当は3.5回目です。

今回の出前授業では露と霜をテーマに実験を行いました。
方法は以下の通りです。
(1) 缶に氷をいれて10分間放置する。
(2) 塩を加えて10分間放置する。

缶に氷を入れると温度が下がって缶に露が付きます。その氷に塩を入れると凝固点が下がって氷が融解し、その融解熱よって温度がさらに下がって霜ができます。とっても簡単な実験操作ですが原理は意外と難しいです。

小学生のこどもたちには次のような記録をとってもらいました。目で見たことを記録するのは非常に重要なことだと思います。
キャプチャ



放置している時間にはクイズ。せっかくなので地元ネタをいれてみました。



(1)さいたまで記録した一番高い気温はいくつでしょう?
1.36.7度
2.38.7度
3.40.7度



(2)さいたまで一番雨が降るのは何月でしょう?
1.梅雨の時期の6月
2.ゲリラ雷雨が多発する8月
3.台風の時期の9月




わかりましたか?


(1)は1997年7月5日に記録した38.7度です。結構昔の記録がやぶられていないんですね。調べてみて意外でした。ちなみに一番低い気温は1978年2月2日の-8.8度です。

(2)は台風の時期の9月です。ちなみに広島や鹿児島など西日本では、6月~7月の梅雨の時期の方が、圧倒的に降水量が多いです。梅雨の大雨は西日本で起こりやすいんですね。


最後に質問コーナー
毎度のことながら子供たちの勢いにビビります。現代日本の大学ではこんなにさかんに質問が飛び交うところはほとんどないでしょう。子供たちに脱帽です。そういえばぼくも小学生のころはもっとコミュ力あったような・・・

そんな中で一番印象に残った質問がこちら。
「天気予報ってどうやってしてるんですか。」

うーん。むずかしい。
関連記事
スポンサーサイト

2017.02.27(Mon) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://camjstudents.blog89.fc2.com/tb.php/143-2a97211d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可