プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


学生会合宿2017 ~延泊編~

こんにちは!東北大学理学部2年の瀧口と申します。今回は私が学生会合宿3日目の様子を綴らせていただきますのでどうかよろしくお願いします!

3日目の朝、夜遅くまでみんなでワイワイ遊んでいたからなのか、ここまでの日程の忙しさからなのか、想定外の時間にJアラートで叩き起こされたからなのか、みなさん疲れが残っているように思われました。特にここ2日ずっと運転してくれた先輩方には感謝です。

重い体を起こしながら本日向かったのは、新庄雪氷防災研究所です!こちらの研究所では豪雪地帯である新庄市のローカルな話題である雪に関する研究を行っております。具体的には雪崩や吹雪などの災害を、現地での観測、実権、モデルの作成などです。ここまでもそうでしたが、学生会合宿は現地の特色のある研究を直に聞けておもしろいです!

20170913-14_東北合宿-24
(所長による研究所と研究の紹介)


研究所の説明を聞いた後、学生会一行は館内の実験棟へ。実験室に入る前に所長から、室内はマイナス5度程度になっているという説明を受けた。東北の冬は寒いのです。僕は室内のこんなに寒い環境下で実権を行うなんて流石氷雪の研究所だな〜、なんてことを考えながら実験室の扉の側に掛けられている非常に分厚く暖かそうな実験用のコートを眺めてました。さてでは室内も見学してみましょうと所長が実験室の扉を開け案内してくれ、僕は内心「え?あのコート着ないんですか?」なんて思いながら室内に足を踏み入れると案の定ここまでの疲れも吹っ飛ぶくらい刺激的な寒さが襲ってきました。僕たちは完全に夏服だったのでほとんどが寒さに震えていましたが、所長は同じような軽装なのに全く寒さを感じさせませんでした。流石です。
そのまま極寒の室内で、実験室の説明など興味深い内容を話して頂きました。

20170913-14_東北合宿-25
(実験室内)


実験室から出た後は夏の暖かさを全身に感じながら外の観測機器の説明をして頂きました。普通の観測所には無い特殊な観測機なども置いてありました!

20170913-14_東北合宿-26
(こちらは積雪の重量の観測機です。毎年屋根に大量の雪がのしかかる東北では積雪の重さは重要です!)


といったように雪氷防災研究センターを2時間近くも案内させて頂きました!防災センターの皆さん、本当にありがとうございました。
お昼に差し掛かり、次はご飯を食べに七兵衛そばさんに行きました!山の中を進んで行くと突如現れる、東北人の知る人ぞ知る(?)名店です。

20170913-14_東北合宿-27

20170913-14_東北合宿-28
(メニューはソバのみ!注文すると大量の山菜と食べ放題のソバが運ばれてきます!)


ソバをたらふく頂いたところで3日目は終わりです!後は皆さん各々の方法で解散となりました。あっという間の3日間でした。僕は今回で2回目の参加となりますが、今年も楽しく、そして多くのことを学ばせて頂きました!ありがとうございました!


関連記事
スポンサーサイト

2017.09.29(Fri) | 合宿 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://camjstudents.blog89.fc2.com/tb.php/161-9b0e5c51
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可