プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


2018年アニュアルミーティング

こんにちは!
元代表の安齊理沙です。皆さん、私のこと覚えていらっしゃいますか??
5代目代表の庄村くんが今は学生会を引っ張ってくれていますが、私はその前の4代目の代表を務めていました。
簡単な自己紹介をしますと、私は筑波大学大学院の大気科学分野に所属し、研究室では温帯低気圧について修士研究を進めました。
現在は卒業も確定し、さらに春休みということで、最後の学生生活を謳歌しています。
今も、パリに向かう飛行機の中でワイン片手にこの記事を書いています。エールフランス、最高!(笑)

どうでも良い話はこれくらいにして、今回は先日行われたアニュアルミーティングについて報告させていただきます。
毎年学生会の年度の節目として開催されるこのアニュアルミーティングでは、主に卒業生を中心にそれぞれの大学や大学院で進めた卒論や修論を紹介した後、今年度の振り返りや来年度の予定などを話し合う、というのがここ最近の傾向です。
今年も同じような感じで進めました。

20180304_アニュアルMTG-1


参加者が集合した直後にプロジェクターがなかなか使えないというトラブルが発生したものの、なんとか一人目が発表を開始。
その発表者がこの私でした。
タイトルは「冬季多降水をもたらした温帯低気圧の構造」です。
主に、南岸低気圧の閉塞過程に伴う降水域について気流構造を元に解析をすすめ、修論にまとめました。
自分の研究内容を大学院以外の人、しかも普段仲良くしている仲間たちに聞いてもらうってちょっと恥ずかしいですよね。
みんなに少しでも自分のやってきたことが伝わったなら良いな、と思います。

20180304_アニュアルMTG-2


続いて、私のバディ(副代表)として一緒に学生会を運営した稲田の発表。
タイトルは「2013年7月の島根山口豪雨に関する観測的・数値的研究」です。事例解析ですね。
私は、彼とは違う大学院に通っていましたが、たまにお互いに研究相談もしていたのでなんとなーく内容は知っていました。
しかし、ちゃんと発表を聞いたのは初めて。
一つの事例に関して様々な数値解析や再現実験をすることによって、その事例の発生要因を追求するという素晴らしい修士研究でした。

20180304_アニュアルMTG-3


10分ほど休憩を挟んでから次の発表をしたのは、私の予報士同期でもあるよこやすです。
彼は、私が代表を務めている時には同じ幹部として個人情報管理責任者や関西支部担当として一緒に学生会を運営してきました。
彼は、実は関西に縁もゆかりもなかったのですが、当時ピンチだった関西支部のために何度も東京から新幹線で出向いてくれました。
最近は関西支部の入会者も再び多くなってるそうです。関西支部の皆さん、今後の活躍を期待してますよ!
よこやすは、大学院では砂防関係の研究をしていました。
今回のミーティングでの発表タイトルは「熱帯雨林天然林とオイルパームプランテーションの水収支比較」です。
大学院在学中は毎月のようにマレーシアに行き、観測を続けていたそうです。
学生会では関西に何度も出向き、大学院ではマレーシアに通い、とてもフットワークが軽いですよね。来年度からは、(ここでは詳しいことは言えませんが、)全世界をフィールドとして活躍する仕事に就くそうです。今後も彼の活動に期待しましょう。

20180304_アニュアルMTG-4


続いて発表したのは、勝部くんです。
発表タイトルは「沖縄梅雨の降雨特性の気候学的変動とその要因に関する解析」です。
最初に、彼の所属する研究室で運営しているひまわり8号のデータについての紹介がありました。
彼は、日本で唯一(?)のリモートセンシングに特化した研究室に所属し、その研究室ではそれらのデータ配信を行っているそうです。
中でも最近、ひまわり8号の画像を使ったYouTube動画を配信しているそうで、その紹介をしてくれました。
ぜひこのブログを読んでいる皆さんも、「千葉大学 ひまわり8号」などのキーワードで検索してみてくださいね。
彼の研究内容は、ひまわり8号とは全然関係ないのですが、沖縄梅雨に関する研究です。
私は、彼が気象学会で発表していたのをすでに何度か聴講していたため既に内容を少し知っていたのですが、とても興味深い研究だしわかりやすかったです。
世間にあまり注目されない沖縄梅雨について、様々な視点から解析をしていました。

20180304_アニュアルMTG-5


最後に発表したのは、学部4年生のくまくんこと熊谷くんです。
発表タイトルは「埼玉県熊谷市の近年の熱中症搬送者の特徴と傾向」です。
熊谷市にある大学に通う熊谷くんだからこそできる研究ですよね。
卒業研究は修士研究に比べて研究時間が短い中、素晴らしい研究ができたと思います。
発表の最後には、彼のアルバイト先である某気象会社について紹介してくれました。
気象が大好きな彼からは、いかにそのお仕事が楽しいかというのが溢れ出ていました。

20180304_アニュアルMTG-6


修論・卒論発表の後にはOBの鍋谷さんからお仕事紹介をしていただきました。
学生会ではここ2,3年、機会があれば学生会のOB・OGの先輩方にお仕事紹介をお願いしていました。
様々な学校から学生が集まる学生会だからこそ、普段それぞれが所属している学校では聞けないOB・OGの先輩方の活躍を知ることができるのはとても貴重なことだと思います。
ぜひ、今後もこの活動は続けて欲しいです。

20180304_アニュアルMTG-7


最後に、今年度の振り返りと来年度の幹部発表がありました。
そして、その後は(私自身もちょっと期待していましたが笑、)卒業生への色紙贈呈です。
後輩たちからのメッセージと共に、素敵な色紙をいただきました。
メッセージを書いてくれた皆さん、そして色紙を作ってくださった幹部の皆さん、本当にありがとうございます。

20180304_アニュアルMTG-8


集合写真も。
みんなとっても良い顔です。

20180304_アニュアルMTG-9


最後に、少しだけお話しさせてください。

私が2014年11月に学生会に入会してから今まで、学生会でたくさんの出会いがありました。
特に、2015年4月から2017年7月にかけて学生の代表をしていた期間は、この出会いと共にたくさんの人に支えていただきました。
学生会での活動を通して出会った方々も沢山います。
いつでも学生会を見守ってくださる気象予報士会の皆さま、津波防災イベント・そら博・キャスター座談会などの天気イベントに参加して出会ったスタッフの皆さま、出前授業で伺った小学校の先生方、気象台訪問などでお世話になった気象庁の職員の皆さま、他にも挙げたらキリがありません。
そして何より、学生会の仲間に出会い、この高間たちに支えられたからこそ、私は学生会で活動することができたのだと思います。
この繋がりは一生の宝です。

2011年に発足された学生会も、もう8年目になります。
東京オリンピックの年には10年目になるんですね。
その時の学生会には、私の現役時代を知る人はどれくらいいるのでしょうか。。。
学生会は、学生が運営する団体のためどうしてもメンバーの入れ替わりは激しいです。
だからこそ新しい風を吹かせることができるのも。この団体の特徴だと思います。
未来の学生会は、今よりもっと素敵な団体に成長していると信じ、今後の学生会に期待しています!!

今まで、ありがとうございました!
そして、これからも(OB・OGとして)よろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

2018.03.15(Thu) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://camjstudents.blog89.fc2.com/tb.php/171-2bf85f29
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可