プロフィール

camjstudents

Author:camjstudents
気象予報士学生会です!気象予報士を持っている学生から資格は持ってないけど興味を持っている学生、そしてそれを見守っていただいている協力会員によって構成されています!!学生ならではのイベントや情報を発信していきます!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
FC2カウンター

当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


3月関西食事会

こんにちは。
学生会の元関西支部担当だったり元個人情報管理責任者だったりしたよこやすです。

今回は3/16になんばで行われた関西食事会について簡単にご報告させていただきます。参加者は6人で関西から4人・関東から2人というような参加者構成でした。珍しく鉄道に詳しい参加者が多く、気象と鉄道の関係などの深いお話を様々伺うことができ、大変勉強になったような気がしました。

20180316_関西食事会


さて、せっかく学生最後に一筆書かせて頂ける機会を頂いたので最後のご挨拶をさせていただきたいと思います。
私は1つ前のブログを書いていた安齊元代表と同期で3年前に予報士試験に合格しました。その後すぐに代表安齊のバイタリティーに気圧され、気付いたら個人情報管理責任者の椅子に座っていました。
その1年後、再び安齊代表の迷采配が私を襲いました。なんと関西支部担当も兼任してくれとのことでした。私は新潟出身東京育ちで関西に居住したことなど一度もなく、正直大丈夫なのかという疑問しかありませんでしたが、安齊代表のパワフルな説得に気付いたら首は縦に振られていました。
結果的に1年という短い在任期間でしたが、関西支部の暖かい学生の皆さまやOBの方々に支えられイベントではとても楽しい時間を過ごすことができました。昨年の現関西支部代表の谷本くんが企画してくれた関西国際空港の気象台見学では、実際に航空気象の現場を見学することができ大変興味深い体験をさせていただきました。みなさまありがとうございました。

私事ですが、4月からおしごとの関係で奈良県に家を構えることとなり、“関西支部担当”という名前に時代が追いつきました。今後も関東・関西によらずイベントにまたお邪魔させて頂ければと思います。

3年間ありがとうございました。
皆さままたどこかでお会いしましょう。

2018.03.20(Tue) | 食事会 | cm(0) | tb(0) |

2018年アニュアルミーティング

こんにちは!
元代表の安齊理沙です。皆さん、私のこと覚えていらっしゃいますか??
5代目代表の庄村くんが今は学生会を引っ張ってくれていますが、私はその前の4代目の代表を務めていました。
簡単な自己紹介をしますと、私は筑波大学大学院の大気科学分野に所属し、研究室では温帯低気圧について修士研究を進めました。
現在は卒業も確定し、さらに春休みということで、最後の学生生活を謳歌しています。
今も、パリに向かう飛行機の中でワイン片手にこの記事を書いています。エールフランス、最高!(笑)

どうでも良い話はこれくらいにして、今回は先日行われたアニュアルミーティングについて報告させていただきます。
毎年学生会の年度の節目として開催されるこのアニュアルミーティングでは、主に卒業生を中心にそれぞれの大学や大学院で進めた卒論や修論を紹介した後、今年度の振り返りや来年度の予定などを話し合う、というのがここ最近の傾向です。
今年も同じような感じで進めました。

20180304_アニュアルMTG-1


参加者が集合した直後にプロジェクターがなかなか使えないというトラブルが発生したものの、なんとか一人目が発表を開始。
その発表者がこの私でした。
タイトルは「冬季多降水をもたらした温帯低気圧の構造」です。
主に、南岸低気圧の閉塞過程に伴う降水域について気流構造を元に解析をすすめ、修論にまとめました。
自分の研究内容を大学院以外の人、しかも普段仲良くしている仲間たちに聞いてもらうってちょっと恥ずかしいですよね。
みんなに少しでも自分のやってきたことが伝わったなら良いな、と思います。

20180304_アニュアルMTG-2


続いて、私のバディ(副代表)として一緒に学生会を運営した稲田の発表。
タイトルは「2013年7月の島根山口豪雨に関する観測的・数値的研究」です。事例解析ですね。
私は、彼とは違う大学院に通っていましたが、たまにお互いに研究相談もしていたのでなんとなーく内容は知っていました。
しかし、ちゃんと発表を聞いたのは初めて。
一つの事例に関して様々な数値解析や再現実験をすることによって、その事例の発生要因を追求するという素晴らしい修士研究でした。

20180304_アニュアルMTG-3


10分ほど休憩を挟んでから次の発表をしたのは、私の予報士同期でもあるよこやすです。
彼は、私が代表を務めている時には同じ幹部として個人情報管理責任者や関西支部担当として一緒に学生会を運営してきました。
彼は、実は関西に縁もゆかりもなかったのですが、当時ピンチだった関西支部のために何度も東京から新幹線で出向いてくれました。
最近は関西支部の入会者も再び多くなってるそうです。関西支部の皆さん、今後の活躍を期待してますよ!
よこやすは、大学院では砂防関係の研究をしていました。
今回のミーティングでの発表タイトルは「熱帯雨林天然林とオイルパームプランテーションの水収支比較」です。
大学院在学中は毎月のようにマレーシアに行き、観測を続けていたそうです。
学生会では関西に何度も出向き、大学院ではマレーシアに通い、とてもフットワークが軽いですよね。来年度からは、(ここでは詳しいことは言えませんが、)全世界をフィールドとして活躍する仕事に就くそうです。今後も彼の活動に期待しましょう。

20180304_アニュアルMTG-4


続いて発表したのは、勝部くんです。
発表タイトルは「沖縄梅雨の降雨特性の気候学的変動とその要因に関する解析」です。
最初に、彼の所属する研究室で運営しているひまわり8号のデータについての紹介がありました。
彼は、日本で唯一(?)のリモートセンシングに特化した研究室に所属し、その研究室ではそれらのデータ配信を行っているそうです。
中でも最近、ひまわり8号の画像を使ったYouTube動画を配信しているそうで、その紹介をしてくれました。
ぜひこのブログを読んでいる皆さんも、「千葉大学 ひまわり8号」などのキーワードで検索してみてくださいね。
彼の研究内容は、ひまわり8号とは全然関係ないのですが、沖縄梅雨に関する研究です。
私は、彼が気象学会で発表していたのをすでに何度か聴講していたため既に内容を少し知っていたのですが、とても興味深い研究だしわかりやすかったです。
世間にあまり注目されない沖縄梅雨について、様々な視点から解析をしていました。

20180304_アニュアルMTG-5


最後に発表したのは、学部4年生のくまくんこと熊谷くんです。
発表タイトルは「埼玉県熊谷市の近年の熱中症搬送者の特徴と傾向」です。
熊谷市にある大学に通う熊谷くんだからこそできる研究ですよね。
卒業研究は修士研究に比べて研究時間が短い中、素晴らしい研究ができたと思います。
発表の最後には、彼のアルバイト先である某気象会社について紹介してくれました。
気象が大好きな彼からは、いかにそのお仕事が楽しいかというのが溢れ出ていました。

20180304_アニュアルMTG-6


修論・卒論発表の後にはOBの鍋谷さんからお仕事紹介をしていただきました。
学生会ではここ2,3年、機会があれば学生会のOB・OGの先輩方にお仕事紹介をお願いしていました。
様々な学校から学生が集まる学生会だからこそ、普段それぞれが所属している学校では聞けないOB・OGの先輩方の活躍を知ることができるのはとても貴重なことだと思います。
ぜひ、今後もこの活動は続けて欲しいです。

20180304_アニュアルMTG-7


最後に、今年度の振り返りと来年度の幹部発表がありました。
そして、その後は(私自身もちょっと期待していましたが笑、)卒業生への色紙贈呈です。
後輩たちからのメッセージと共に、素敵な色紙をいただきました。
メッセージを書いてくれた皆さん、そして色紙を作ってくださった幹部の皆さん、本当にありがとうございます。

20180304_アニュアルMTG-8


集合写真も。
みんなとっても良い顔です。

20180304_アニュアルMTG-9


最後に、少しだけお話しさせてください。

私が2014年11月に学生会に入会してから今まで、学生会でたくさんの出会いがありました。
特に、2015年4月から2017年7月にかけて学生の代表をしていた期間は、この出会いと共にたくさんの人に支えていただきました。
学生会での活動を通して出会った方々も沢山います。
いつでも学生会を見守ってくださる気象予報士会の皆さま、津波防災イベント・そら博・キャスター座談会などの天気イベントに参加して出会ったスタッフの皆さま、出前授業で伺った小学校の先生方、気象台訪問などでお世話になった気象庁の職員の皆さま、他にも挙げたらキリがありません。
そして何より、学生会の仲間に出会い、この高間たちに支えられたからこそ、私は学生会で活動することができたのだと思います。
この繋がりは一生の宝です。

2011年に発足された学生会も、もう8年目になります。
東京オリンピックの年には10年目になるんですね。
その時の学生会には、私の現役時代を知る人はどれくらいいるのでしょうか。。。
学生会は、学生が運営する団体のためどうしてもメンバーの入れ替わりは激しいです。
だからこそ新しい風を吹かせることができるのも。この団体の特徴だと思います。
未来の学生会は、今よりもっと素敵な団体に成長していると信じ、今後の学生会に期待しています!!

今まで、ありがとうございました!
そして、これからも(OB・OGとして)よろしくお願いします!

2018.03.15(Thu) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |

2月定期食事会

初めまして!

先日、気象予報士学生会に入会し、早速ブログを担当することになりました
早稲田大学人間科学部2年二瓶穂香です。

人間科学部は人間を科学する学部です(笑)。
真面目に言いますと、文理融合の学部であるため幅広い分野の学問が学べます。小手指にキャンパスがあり、学生は通称「トトロの森」で日々を過ごしています。
賑やかな都会のキャンパスライフも素敵ですが、毎日自然の中でリフレッシュできるキャンパスライフも案外良いものです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

今日は新宿にあります「エルトリート新宿サザンテラス店」でメキシコ料理をいただきました。

20180210_2月定期食事会-1


お店に向かう最中はかなり緊張しておりましたが、そんな心配も全く無用でした。皆さん、とても大人で優しい対応をしてくださいました。おかげさまで、食事もしっかりと喉を通りまして、その日の体重もしっかりと増えておりました(嬉しいような悲しいような…)。

食事会は順調に過ぎました。それは、空前絶後の気象予報士=長坂さんのトークのおかげでしょうか。長坂さんのトークがなければ、沈黙の時間が続いた可能性も考えられます。すると、私にとっては皆さんを知る機会を失っていたかもしれません。
正直、話を聞くまでそんなに真面目そうな人だとは思いませんでした(スミマセン)。でも、そのトークのおかげで長坂さんの考え方を知ることができ、意外に真面目な方だと知りました。私は「長坂さんマジメ説」に一票入れたいと思います。

20180210_2月定期食事会-2


今回は皆さんのいろいろな人生経験をお聞きすることができました。私の今年の目標は「様々なことに挑戦して人生経験を積む」ですから、皆さんとの出会いは間違いなくとても刺激になりました。

さて、ここまで読んで下さってありがとうございます。最後に皆さんへとても簡単な問題を出して終わりにいたします。

Q私は現在どこにいるでしょうか?

20180210_2月定期食事会-3


ヒント1:時差‪8時‬間です
ヒント2:水は×、食べ物は◎
ヒント3:「ローマの休日」の舞台です
(そういえば、フィクションは信じないと言っていました長坂さん、これはフィクションでも不朽の名作ですから、絶対見てくださいね!)

さあ、もうわかりましたね?正解は…





イタリアです。

1年生から貯めましたお金全てを使い果たしての旅行ですから、もう口座は空っぽです。
遊べないです、当分。

でも、その分お金では買えない経験をすることができました。

学生会の他の方にもぜひお会いしたいです!
皆さんにお会いできる日を楽しみにしております。

以上、私からでした!

2018.02.19(Mon) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

クリパ&忘年会

こんにちはー!(*゚▽゚)ノ

お初にお目にかかります。
立教大学2年、森戸美唯とお申します。
大学では、演劇や映像の勉強をしておりまして、学生会では珍しい文系です。
ですが、化学物質が大好きでして
推し物質は化学物質界のツンデレ、フェノールさんです。
ええ、分かってもらえなくて大丈夫です。


さて、これまでの数回、参加するだけだった私ですが、僭越ながら、今回は、12/23に行われたクリスマスパーティのご報告をさせて頂きます。


今年のクリパはカフェを貸し切って行われました。
参加者はこちらの面々。

20171223_クリパ-1


大2から社会人までの
13人でした!

中には学生会、初参加のメンバーも!
私自身、新参なので、初めてお会いする方もおりました(*´∀`)

つーことで、まずは自己紹介。
このセクションにおけるMVPは文句なく、空前絶後の気象予報士、長坂さんであります。
彼に与えられた自己紹介タイムはまさかの5分!

考えてみてくださいよ。
自分のこと、5分も喋れます?

見事にやってのけた長坂さんに大きな拍手をお送り下さい。


その後、わちゃわちゃとご飯を食べた後、宝田さんが用意して下さったクイズ大会٩(ˊᗜˋ*)و
気象予報士学生会らしく、気象クイズでした️。

さすがは気象予報士学生会。
気象庁庁員さん、気象庁内定さんetc...只者ではない人間がゴロゴロと…!
白熱した闘いとなりました。

結果は我ら組が優勝!!

20171223_クリパ-2


やったぜぃ!!!
めちゃめちゃ楽しかったです!!(≧∇≦*)


クリスマスイブイブの夜にとても楽しい時間が過ごせましたo(*^▽^*)o
スーツケースを持ってくる位、準備してくれた宝田さん他、幹事の皆さんに大きな感謝を…!!
ありがとうございました(≧▽≦)


それでは♪


森戸美唯

2017.12.31(Sun) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |

津波防災イベント2017

こんにちは!
京都大学医学部医学科3年の杉昌樹です。
今回初めてブログを書かせていただきます。

12/15(金)に東京 渋谷の東京カルチャーカルチャーで行われた、 「お天気キャスター・気象予報士大集合'17〜津波・天災を忘れないために〜」に参加してきました!
このイベントは自然現象への理解を深めて災害に備えるという目的で、東日本大震災が発生した2011年から毎年開催されているものです。最近は年々日程が遅くなっていてまるで忘年会のようにもなってきているだとか、でも今年はさすがに少し早まりました 笑
出演者は、森田正光さん、奥村政佳さん、森朗さん、荒木健太郎さん、饒村曜さん、加藤順子さん、眞家泉さんといった、テレビ番組・ウェザーニュースのキャスターや気象庁関係者で、みなさん著名な予報士さんたちです。気象予報士で構成される劇団「お天気しるべ」からも末広響子さんが出演しています。

↓出演者のみなさんです。

20171215_津波防災イベント-1


冒頭で、饒村先生より「津波防災の日」について話がありました。この「津波防災の日」は11月5日に制定されていて、1854年11月5日に起きた安政南海地震による津波から住民を救うため、稲むらに火をつけて暗闇の中避難させた話(稲村の火)にちなんだものだそうです。


次に、今年の日本の気象についての振り返りがありました。今年も異常な気象現象が少なからず起こったわけですが、とりわけ変だったのが、歴代2位の長寿台風となった台風5号です。しかもその迷走っぷりが想像をはるかに超えるもので、コースはご覧のとおりです。

20171215_津波防災イベント-2


もう1つ、やはり記憶に新しい九州北部豪雨ですね。「線状降水帯」という言葉がニュースなどでもよく聞かれたわけですが(流行語大賞ノミネート!!)、これが出現し記録的な集中豪雨となって甚大な被害が出ました。バックビルディング現象が起き、同じような地域に発達した積乱雲がずっとかかり続けてしまったのです。
その他、今発生しているとみられるラニーニャ現象などについても話がありました。ここで、ラニーニャで海水温が低くなる場所を「ペルー沖」とよく表現することについてツッコミがありました。たしかに、どうみても少しずれてますよね。なんで「ペルー沖」っていうんでしょう(笑)。正しくは、「太平洋東部の赤道付近の海域」とかです。


そして、今年は荒木健太郎さんが初参戦!気象研究所の雲研究者で、数々の本も出版されている方です。
雲を見て、これから起こる現象を予想し、また時に防災にもつなげる。雲には人間と同じように「ストーリー」があり、それを読んで上手にお付き合いしていく。「まさに雲は人とおんなじ」という概念に感銘を受けました。なお、荒木さんの『雲を愛する技術』という本が、ちょうど先日出版されました。この本には「雲の心の読み方」について詳しい内容が書かれています。大人気でなかなか手に入れられない中会場で直接買うことができたので、さっそく読んでいこうと思います!



↓雲を愛する技術(荒木健太郎さん著)

20171215_津波防災イベント-3


続いて、気象予報士学生会の活動についての発表!今年は庄村代表が、ミーティングや勉強会、合宿、出前授業などの活動について、スライドの写真を交えて報告しました。また、本イベントに学生会から参加したメンバー全員も前のステージに立ち、庄村代表から簡単に紹介いただきました。庄村代表、おつかれさまです!
私自身もさっそく紹介されたのですが、医学部であるというと、やはり会場の方々からちょっと驚かれてしまいました(笑)でも、学生会には医学部の方も結構いるんですよね。
↓庄村代表です

20171215_津波防災イベント-4


イベント終了後は公開打ち上げに参加しました。こちらでは、学生会のメンバーや出演者の方々と直接様々なお話ができました。キャスターや研究者の方とお話しできることってそうそうないですし、とても良い機会になりました。
また、学生会からの参加者に中国からの留学生の方がいて、かなりいろいろとお話をしたのですが、日本語がペラペラで本当に驚きでした。今後日本の気象予報士の資格取得も目指すそうです。頑張ってください!!

↓学生会メンバーと森田さん

20171215_津波防災イベント-5


さて、防災は今の時代ますます重要度が増してきていますし、私自身も非常に興味深い分野です。防災を考えるうえで、今回の津波防災イベントで出た話も参考にして、おおいに活かしていきたいですね。

2017.12.21(Thu) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |