当ブログでは、イベント報告などのほかに
各地の話題の更新を始めました!

定期ミーティング食事会勉強会
合宿その他のイベント報告
各地の話題


東北支部勉強会(4月29日)

初めまして!東北大3年の本堂です。今年度から東北支部に入りました。気象の勉強を始めてまもないですが、よろしくお願いします!

さて、4月29日には東北支部の勉強会がありました。まずは過去のラジオ天気発表を聞いて、天気図を作成しました。

20170429-1_東北支部勉強会


今回は後藤君が企画ということで勉強になるようにと台風の日を選んでくれました。ということで元々等圧線はたくさん必要だったのですが、自分は始め勘違いで1hPaごとに等圧線を書こうとしていたので台風の部分がブラックホールのようになってしまいました・・・反省・・・

また、エマグラムに関する勉強をしました。


20170429-2_東北支部勉強会


一般の範囲にもある分野なので、わかっているつもりだったのですが、結構あやふやな部分が見つかり、とても勉強になりました!

以上で報告終わります!次回も頑張りたいです。本堂でした!

2017.05.07(Sun) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

4月定期食事会

初めてブログを書きます。理科大4年の小玉です。

4月10日に行われた定期食事会@池袋について報告します。
今回は8人が集まり、こじんまりとした食事会になりました。

20170410_4月定期食事会

私は学生会の行事自体初参加だったのですが、気象の話題に限らず、大学の生活について等様々な話が出来てとても楽しかったです。

現行の「未明」「朝」「夜のはじめ頃」に変わる表現として、2007年まで「午前3時頃まで」「朝のうち」「宵のうち」という表現が使われていたという話題になったのですが、当時気象に特別の関心がなかった私はそんなこと全く覚えていませんでした!!
藤田スケール、熱中症、猛暑日等の用語も同じ時に使われはじめたそうですね。
猛暑日という言葉に少し違和感を持った記憶はあるようなないような…

資格を取るだけで満足するのではなく、勉強を続けていきたいなと思うに至りました(^O^)

2017.04.11(Tue) | 食事会 | cm(0) | tb(0) |

東北支部勉強会

みなさんはじめまして!東北支部に今年度から参加している東北大学M1の石川歩です。仙台は今週に入って急に春めいてきました。僕も初心に帰って研究を頑張ろうと思います。

さて、僕が学生会に入ったのは「地球の教室」という勉強合宿で東北支部の鈴木君に誘われたからです。彼は少々先輩へのリスペクトを欠いているところがありますがとてもいいやつです。「地球の教室」は東北大学の学生が主体となって開催している勉強会で、地球科学に関わる様々な分野の学部生・院生・社会人が30人ほど参加しました。今回のテーマは「時間スケールで見る環境変動」ということで、講師の先生方の講義やグループディスカッション、仙台市内の巡検を通して地球ダイナミクスに対する理解を深めました。来年以降もどこかで開催されると思うので、興味のある方はぜひ参加してください。(旅費は出ません、指導教員と交渉せよ!)

地球の教室URL

20170402-1東北支部勉強会


ここからが本題です。4月2日(日)に東北大学図書館で2017年度一回目の勉強会を行いました。東京から参加のしょーむら君を含む7人でラジオ天気図の演習と高層天気図の読み方の勉強をしました。自分は専門が素粒子とか地震・火山なので気象の勉強はこれからというところなのですが、意欲も知識も豊富な後輩たちに教えてもらいながら楽しく勉強できました。後輩が多い勉強会は初めてで、優秀な後輩たちに沢山刺激をもらいました。まずは予報士試験に合格できるようコツコツやっていこうと思います!

20170402-2東北支部勉強会


東北支部はガチ勢が多いらしいのでこれからも真面目に活動を続けていきます笑

20170402-3東北支部勉強会


短いですが以上です、ありがとうございました!寝癖は愛の乱気流、東北大学の石川歩でした!

2017.04.06(Thu) | 勉強会 | cm(0) | tb(0) |

仙台管区気象台訪問

皆さんこんにちは。
今回のブログは日本女子大学の森本が担当致します。

ではさっそく気象台見学から振り返っていきましょう。
案内してくださったのは、仙台管区気象台広報の職員さん。転倒ます型雨量計を持っての笑顔がとっても素敵です。

1_201703160014058b8.jpg


まずは、外にある地上気象観測装置の見学。
露場に入るのは初めてだったので少し緊張しました。
全国にアメダスは約1300地点。ここでの観測データが日々お世話になる天気予報に役立っているんですね。

次は、地震火山業務を見学。普段私たちが感じることのないほど小さな揺れは、1日200回ほど起こっているそう。
このような地震・火山活動を常時監視し、データを集め分析することが防災・減災へと繋がります。

2_20170316001404568.jpg


続いて、地球環境・海洋業務を見学。温暖化などの気候変動の把握・解明や私たちが良く目にする季節予報の作成などを行なっています。

そして最後に予報課の見学。綺麗に色塗りされている初期時刻の天気図を発見しました。「予報をするにはまず現況から」ということで、実況観測をとても大事にされているそうです。

3_201703160014023b4.jpg


予報官の方に今後の天気の見通しを伺い、雨が降ることを確認。午後は傘が活躍するお天気となりました。

様々な現場を見学させていただき、大変勉強になりました。
仙台管区気象台の皆様、お忙しい中丁寧にご案内してくだったこと心から感謝いたします。本当にありがとうございました!!




そして午後は、キャンドル作り体験をしました。キャンドルスタジオ エターナリーさんでは、空のグラスキャンドルを作れるということでみんなエプロンを着けていざ挑戦。

4_20170316001401d17.jpg


男子大学生の皆さん、初めは戸惑っていたものの、途中からは「積乱雲を作ろう!筋状の雲を作ろう!」などとそれぞれにこだわりを発揮していました。ぜひともその力作たちを研究室に飾って欲しいところです。

5_2017031600140015b.jpg


みんなで黙々と作業すること約2時間…

6_20170316001358eb9.jpg


素敵なキャンドルが完成しました!
朝焼けの空や陽が沈む頃のオレンジ色の空、真夏の青空などなど色彩やかな空模様です。
ちなみに私はひつじ雲の浮かぶ穏やかな空をイメージして作りました。

7_20170316001356356.jpg


みんなで記念撮影。ご満悦の表情です。

初心者の私たちでも楽しみながら素敵な作品を作れるよう教えてくださったキャンドルエターナリー様、ありがとうございました!
もったいなくて火が灯せないくらいにお気に入りです。



そして最後に…東北支部の皆さん、快く迎えてくださりありがとうございました!
初対面の方も多かったのに、色々な場所を案内してくれたり、オススメのお土産を教えてくれたり、また会いたいと言ってくれたこと本当に嬉しかったです。

今度は東京を案内するので、ぜひ遊びに来てください。

2017.03.16(Thu) | イベント報告 | cm(0) | tb(0) |

アニュアルミーティング

こんにちは!2016年度副代表の稲田理人と申します。

代表に「書け!」と鶴の一声でブログを書くことになりました。ぱ〇りの構図は今後も続くようです。
本日は、3月12日に行われたアニュアルミーティングについてご報告いたします。

まずは自己紹介タイム。今回は、33名の参加者が集まりました。最近は参加者が多くて嬉しいですね。

2017-0312-1.jpg

続いて、卒論発表。今回は3人の方に多種多様な発表をしていただきました。
まずは岡山理科大学の菊池啓介君、「瀬戸内海沿岸地域の気象とミカン生産量との関係性」

2017-0312-2.jpg

そら博で子どもに大人気だっただけあって、とってもみやすい発表で興味深い研究でした。甘いみかんがたくさん食べたくなりました。


続いて、首都大学東京の石川幹晏くん、「気候大変動時代のモンスーンアジア」

2017-0312-3.jpg

現地調査に行く積極性や発表の熱意を感じました。アジア圏の知識が深まりました。


3人目は、気象大学校の鍋谷尭司くん、「データ同化手法の比較 ~より良い天気予報のために」

2017-0312-4.jpg

まさに講義。解説ありがとうございます、勉強になります。今度は、フルサイズで発表を聞きたいです。
それぞれの発表に対し、鋭い質問が飛び交っていました。着目点に気象好きらしさを感じます。皆さん、発表ありがとうございます。


続いて、OBの方にお仕事紹介をしていただきました。
鉄道会社で働く鈴木慶さんです。

2017-0312-5_20170315214437c74.jpg

楽しみながらお仕事をされているということが随所から伝わってきました。気象の知識は様々なところで活かせるのですね。

少し、休憩をはさんだ後は、みなさんお待ちかね。
ビックゲストの雲研究者・気象庁気象研究所研究官 荒木健太郎さんによる話題提供です。
今回は、事前に荒木さんへの質問を学生会の人たちから募集し、それに応じたお話をしていただきました。

2017-0312-6.jpg

お味噌汁の対流、コーヒーにミルクを入れた際のカルマン渦で笑いが起きるあたり、コアな気象好きの団体だということを実感します。
今回のみしか聞けない貴重な話も多くあり、とても勉強になりました。全員荒木さんのお話に聞き入ってしまいました。本当にありがとうございます。

2017-0312-7.jpg


2017-0312-8.jpg

最後は、雲研究者である荒木さんからの12の言葉をいただきました。
すべて心に刻み、日々実践していきたいと思います。


発表の最後には宿題も・・・

2017-0312-9.jpg

みなさん情報発信しましたか?僕はここでしますね(スペース使ってすみません。)

======
・今日の感想、感じたこと
平成27年関東・東北豪雨のお話の中で、「まさかこんなことが起こると思っていなかった」という住民の声がありましたが、荒木さんの仰るように、国民一人一人の防災意識を高められるような取り組みをすることが大事だと思いました。気象好きの学生の集まりである本会でも気象の楽しさを多くの人々に知ってもらう一助が出来ればと思いました。

・気象を通して何をしたいか
多くの人に天気の楽しさを知ってもらいたいです。
======

荒木さん、貴重なお話本当にありがとうございました。

最後は、卒業メンバーへの色紙贈呈と新旧幹部の発表が行われました。

2017-0312-10.jpg

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。お時間ありましたら、いつでも学生会のイベントにお越しください。

2017-0312-11.jpg

新幹部7名を中心に、アットホームな学生会を目指していただけたらなと思います。
突っ走ることもある代表をうまく制御して運営していってください。
僕も予定があったら参加します、させてください。


さて、ミーティング後は、懇親会。会場は、水道橋の焼き鳥屋さんです。今回飲み会では全体写真撮ってないですね、それだけ各々楽しんだということですね。

今年から学生会は7年目に入ります。
今後とも、みなさん暖かく見守っていただけると幸いです。

長文にも関わらず、最後までお読みいただき本当にありがとうございます。
また次回のイベントでお会いしましょう、それではまた!

2017-0312-12.jpg

2017.03.15(Wed) | 定期ミーティング | cm(0) | tb(0) |